愛知県スポーツ局スポーツ課
JPEN
instagram facebook twitter youtube
menu
page top

Vol.6
ラグビーと豊田市街

 ラグビーワールドカップ2019の試合会場のひとつである豊田スタジアム。スタジアムから程近い豊田市街には、商業施設や飲食店が数多くあるほか、美術館や展示施設、コンサートホールなど、芸術・文化に触れられるスポットが満載だ。

豊田スタジアム

交通:名古屋鉄道豊田市駅より徒歩15分
   または愛知環状鉄道新豊田駅より徒歩17分
住所:愛知県豊田市千石町7-2
HP:www.toyota-stadium.co.jp
 
 

ラグビーワールドカップ2019™ ファンゾーンin愛知・豊田

巨大スクリーンで試合を観戦!
 
 スカイホール豊田では、豊田スタジアムで行われる試合を中心に、大会期間中の計11日間に渡ってイベントスペース「ファンゾーン」を開催。400インチの大型スクリーンで日本戦や決勝戦など計20試合を観戦できるほか、ゲストによるトークショーも行われる。入場は無料なので、開催日をHPでチェックしてイベントに参加しよう!

巨大スクリーンが生の観戦さながらの迫力を伝えてくれる!集まった人達と一緒に各国の代表選手を応援しよう。

会場には豊田市および大会出場国の料理を味わえるほか、ラグビー体験や大会公式グッズの販売など、見所が盛りだくさん。

スカイホール豊田

交通:名古屋鉄道豊田市駅より徒歩15分
   または愛知環状鉄道新豊田駅より徒歩17分
住所:豊田市八幡町1-20
HP:https://www.city.toyota.aichi.jp/worldcup2019/
 
 

豊田市美術館(スタジアムから車で5分)

感性を刺激する多彩な美術品を展示

 6月にリニューアルオープンを迎えた、約3,500点もの近現代美術品を所蔵する美術館。建物は建築家・谷口吉生氏の最高傑作とも言われており、自然光をふんだんに取り入れた心地良い空間づくりが高く評価されている。あいちトリエンナーレ2019の会場にもなっているほか、10月14日(月・祝)まで「クリムト展 ウィーンと日本1900」を開催。ウィーンを代表する巨匠の作品を25点以上展示している。

グスタフ・クリムト 《オイゲニア・プリマフェージの 肖像》
1913/1914年
油彩 カンヴァス 140×85cm
所蔵 豊田市美術館
 
 

豊田市コンサートホール・能楽堂(スタジアムから車で5分)

豊田市が誇る文化のシンボル

©写舎眞

 音響の良さを追求したコンサートホールでは、学生から世界的な演奏家や楽団まで、様々な演奏会を開催。パイプオルガンの豊かで荘厳な響きは圧巻だ。一方、切妻造りの屋根を備える能楽堂では、能や狂言、舞踊などが行われる。
 
 

トヨタ会館(スタジアムから車で5分)

自動車の先進テクノロジーを体感

 トヨタ自動車本社の隣に立つ企業展示施設で、最先端の技術から環境や安全性の向上のための取り組みなど、様々な情報を知ることができる。「TOYOTA GAZOO Racing」コーナーでは、実際にレースを走った車両を展示している。
 
 

ブービーズ豊田店(スタジアムから車で5分)

ビールや料理と共に スポーツ観戦を楽しむ!

 「KiTARA」の中にあるスポーツカフェ&パブ。サッカーやラグビーなどスポーツの試合に合わせてイベントも開かれる。おすすめのメニューは、ギネスビールを使用した衣の食感がクセになる「THE フィッシュ&チップス」だ。
 
 

松丈(スタジアムから車で5分)

長年地元で愛される 名物コロッケを賞味

 豊田市民のソウルフードとして愛されている名物・チキンコロッケは冷めてもおいしいと評判で、おかずにもおやつにも最適な一品。スポーツ観戦のお供にもぜひ。ほかにも、鶏のから揚げなど、メニューが豊富に揃う。
 
 

TOURISM MAP

aispo!マガジン最新号

2019 / AUTUMN vol.22

PickUp記事