愛知県振興部スポーツ振興課
JPEN
facebook twitter youtube
page top

BLOG

BMK サッカー

人気者エンターテインメントグループ「BOYS AND MEN」の弟分であるBMK(BOYS AND MEN 研究生)が愛知のトップスポーツについてスポーツライター(以下、aispo!)と一緒にその魅力を発信していきます。

第4回のテーマはサッカー。野球と並ぶ人気の高いスポーツです。BMKのメンバーの中では、松岡君と米谷君が部活動でサッカーをやっていたそうです。

aispo!:サッカーは皆さん体育でやったことはあると思いますが、部活やクラブチームなどもっと本格的にやったことがある人はいますか?
米谷:僕は小学4年〜6年生まで、学校の部活動でサッカーをやっていました。ポジションはMFです。地元が豊田市なので、豊田スタジアムに名古屋グランパスの試合をよく観に行っていましたよ。
中原:僕は保育園のサッカークラブに入っていました。当時は眼鏡をかけていたのですが、顔面にボールが当たって眼鏡が壊れてしまったことを今でも覚えています。
佐藤:痛そう〜。。
松岡:痛い思いは僕もしたことがあります。BMKのオーディションを受ける3日前、中学の部活の試合で顔を蹴られてしまい、キズができたことがありました。
aispo!:松岡君は何年ぐらいサッカーをやっていたのですか?
松岡:幼稚園の時から10年です。真剣にプロになりたいと思っていた時期もありました。チームの合宿でさいたまスタジアムに行った時、「ここで試合をしてみたいな〜」とか思ったこともありましたよ。
米谷:日本代表戦は、よくテレビで見ていますが、高原直泰選手や中村俊輔選手がプレーしていた頃の代表が大好きでした。
中原:僕も代表の試合はよく見ます。ゴール前のシーンとか、ドキドキハラハラして、日本のゴールが決まった時はもちろん、日本が外してしまった時や相手にゴールを決められそうになった時など、とにかく叫んでしまって……。よく親に「うるさい。近所迷惑になる」と怒られます。
aispo!:今年はロシアでサッカーのワールドカップが行われます。日本代表のグループリーグの3試合は、日本時間で午後11時や深夜0時など遅い時間にキックオフの予定なので、近所迷惑にならないよう気を付けてくださいね。(笑)
中原:は〜い!(笑)
北川:僕も代表の試合がある時は必ず見ています。ワールドカップは6月ですよね? 楽しみだなあ。
三隅:僕も日本代表の試合はよく見ますね。始まったら目が離せません。ドキドキがずっと続く感じがいいですよね。
佐藤:僕たちのライブの演出と一緒だ!
北川:サッカーは常に走っているので足腰が強くないといけません。しっかり踏ん張らないと強いボールが蹴られないし、ボールの取り合いになった時も、足腰が強い方が有利ですよね。 aispo!:北川君の筋肉解説ですね。他に面白い話はありますか?
北川:人が走る時のエネルギー源は脂肪だと最近知りました。サッカー選手は常に走るので、適度な脂肪が必要なのだそう。むやみに鍛えればいいのではなく、バランスが大事みたい。 松岡:ふーん、そうなんだ。サッカーやっている時に聞ければよかったな。

aispo!:他にサッカーの思い出がある人はいますか?
佐藤:毎年グループのBOYS AND MENや祭nine.などと一緒にスポーツとライブを融合したイベントをやるのですが、ボールを蹴ってパネルを抜くキックターゲットをやると、松岡君は先輩を差し置いて、優勝してるよね。
松岡:幼稚園の頃からずっとサッカーをやってきたので、これだけは譲れません。『キャプテン翼』に憧れて、登下校ではネットにぶら下げたボールを蹴ってたもん。
中原:リフティングもすごいんだよね?
松岡:最高記録は732回です。とにかく10回続けようと10ずつ数えながらやっていたら、700回を超えていました。
佐藤:すごいわ、それ。体育の授業でやったことあるけど、全然できなかったもんなぁ。
松岡:弟はもっとうまくて、最高記録は1000回を超えていますよ。

aispo!:みんなJリーグは見ないのかな? 米谷君はよく見ているそうだけど。
佐藤:一昨年の11月に名古屋グランパスの試合に初めて行きました。パロマ瑞穂スタジアムの来場者向けのイベントにゲストで呼ばれた時、ピッチに入らせてもらって間近で見ました。どの選手もかっこよくて、「頑張ってください」と声をかけたらフレンドリーに対応してくれて……。これは人気が出るのも納得しましたよ。
米谷:僕もその時一緒でした。子どもの頃に憧れた楢﨑正剛選手のプレーを間近で見ることができたのが、うれしかったですね。選手の声やボールを蹴る音が聞こえてきて、迫力がありました。
三隅:僕はサポーターがすごく印象に残っています。真っ赤に染まったゴール裏でサポーターが飛び跳ねている様子は、すごいと思いました。
aispo!:昨シーズンはクラブ史上初めてJ2リーグを戦いましたが、見事に1年でJ1に復帰しました。復帰できたのは、「12番目の選手」とも言われるサポーターの力も大きかったようですよ。
米谷:一体感があってすごいよね。声援を聞いているだけでテンション上がります。
北川:今シーズンは、元ブラジル代表のジョー選手が入ったんですよね。J1に昇格して、いきなり優勝するかも。
中原:みんなの話を聞いていたら、スタジアムに行きたくなってきた。いつか観に行きたいなぁ。
aispo!:いつかと言わず、今シーズン何回も足を運んでみてください。地元のチームが強いと、やはり街は活気づくと思います。みんなの力で、名古屋グランパスを盛り上げましょう!

※2017年9月にインタビューしたものです。

名古屋グランパスの観戦に行った際、選手たちがフレンドリーに対応してくれて感動したと話す佐藤さん