愛知県振興部スポーツ振興課
facebook twitter youtube
page top

BLOG

dela・神田風音「11/12 愛知・豊田ラグビーフェスタ2017」

ワールドカップへの期待感がますますアップ!
愛知・豊田ラグビーフェスタ2017

こんにちは〜
このブログ2度目の登場の神田風音ですヽ(=´▽`=)ノ
大好きなラグビーについて、またまたレポートしちゃいます!

まずはうれしいニュースから(^o^)
2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ
地元の豊田スタジアムでは4試合行われることになりました!

その4試合とは・・・

2019年9月23日(月・祝) ウェールズ × ジョージア
同年9月28日(土) 南アフリカ × アフリカ地区1位
同年10月5日(土) 日本 × ヨーロッパ・オセアニア プレーオフ勝者
同年10月12日(土) ニュージーランド × イタリア

なんと、日本代表の試合が来ることになったんです!
せっかくなら、生で観戦したいな〜(´;ω;`)
世界中から大勢のラグビーファンがやって来て、盛り上がるんだろうな〜!

さて、今回お伝えするのは、11月12日(日)に行われた。
「愛知・豊田ラグビーフェスタ2017」の様子です(ノ ´▽`*)ノ
メインイベントとしてラグビー大国のオーストラリアから招かれた、
メルボルン・レベルズという強豪チームと
ジャパンラグビートップリーグで活躍する地元チームの
トヨタ自動車ヴェルブリッツの国際親善試合が行われました。

スタジアムの中や外で、試合が始まる前から
イベントが目白押しでしたよ〜(*´∀`*)
スタジアムの外では、歌やお笑いなどのステージイベントが盛りだくさん!

私たちと同じく、aispo!webのブログで
「BMKが研究!あいちのトップスポーツの魅力」を連載中の
BMK(BOYS AND MEN 研究生)さんは、
ファンの女の子たちにキャーキャー言われながら、
かっこいいライブパフォーマンスを披露してくれました(*´ω`*)
同じaispo!で連載をしている者同士、
「これからもよろしくお願いします」の意味を込めて
記念撮影までしちゃいました(^o^)!

また、スタジアムのピッチでは、ヴェルブリッツの選手にキックやタックルの
仕方などを教えてもらう、小学生を対象としたラグビー体験会が行われました。
ふかふかな芝生の上で思いっきり体を動かして、
子どもたちはみんな楽しそう!(*´ω`*)
私も豊田スタジアムは何度か足を運んだことはありますが、
ピッチに立つのは初めて!(# ゚Д゚)
「選手たちはいつも、この景色を見てるんだ」って、
鳥肌が立ちました(´;ω;`)

肝心の試合は、開始直後からヴェルブリッツのペース。
7分、13分、24分と立て続けに連続トライを奪います(・o・)
ラグビー大国の強豪相手に「すごい!」と思っていたら、さすがはレベルズ!
前半のうちに2トライ返して点差を縮めます(# ゚Д゚)
結局前半は19—14で折り返しました!

後半もヴェルブリッツがトライをすれば、
レベルズもお返しのトライをする一進一退の展開(´;ω;`)
手に汗かいて見てました(@_@;)

試合は36-28でヴェルブリッツの勝利!
ノーサイドの笛が鳴った時は、思わず「ヤッター!」って
叫んじゃいました(ノ ´▽`*)ノ

大柄な選手同士がバチーンと体をぶつけ合う音が響いて大迫力!
「やっぱり、ラグビーは面白い!」とあらためて感じることができました(^o^)

各国代表チームが威信をかけて戦うワールドカップでは、今日以上に迫力ある試合が見られるのかな?
絶対に観に行かなきゃね〜(*´ω`*)

(dela 神田風音)

豊田スタジアムのピッチに立つのは初めて。超感動しました。
イベント広場で、ヴェルブリッツのマスコットのライガー君やコアラとツーショット写真を撮りました。
試合前のイベント広場は大勢の人で盛り上がりました。私はパスを投げる体験をしましたよ。
ラグビーワールドカップ2019の記念シールやピンバッジをゲットしました。
ストロベビーさんをはじめ、吉本芸人さんによる爆笑ステージも盛り上がりました。
ステージには人気芸人のジミー大西さんも登場!
現役選手も登場して、爆笑ラグビー講座が行われました。
「aispo!web」ブログ仲間のBMKのメンバーと記念撮影。「お互いに連載頑張りましょう!」
豊田スタジアムのピッチでラグビー体験をする子どもたち。とてもうらやましい!
ボールを蹴ったり、ぶつかったり、一生懸命な子どもたちがかわいくて、なんだか微笑ましかったです。
ここでラグビーワールドカップの試合が行われると思うと、ワクワクします。
ヴェルブリッツとレベルズの試合がいよいよ始まります
試合はヴェルブリッツが大奮闘。ラグビー本場の強豪チーム相手に見事に勝利しました。
ノーサイド後、お互いの健闘をたたえ合う選手たち。いつ見ても素晴らしい光景です。