愛知県振興部スポーツ振興課
facebook twitter youtube
page top

BLOG

祭nine. 柔道(前編)

人気エンターテインメント集団「BOYS AND MEN」の弟分として今年8月にメジャーデビューした「祭nine.(まつりないん)」。
アグレッシブな歌とダンス、アクロバチックなパフォーマンスを得意とする7人組のエンターテインメントユニットです。

このブログでは、スポーツ万能な祭nine.のメンバーが、2026年に愛知で開催されるアジア競技大会で実施予定の競技を体験し、その競技の魅力を発信していきます。

今回の競技は柔道。4人のメンバーが挑戦しました。順に紹介していきましょう。
まず1人目は野々田奏(ののだかなで)。バク転とマジックが得意だという元気な17歳。担当カラーは黄色です。
2人目は清水天規(しみずたかのり)。担当カラーは紫で、特技は歌と料理なのだそう。
3人目はダンスが得意な横山統威(よこやまとうい)。担当カラーは緑です。
最後はピンクが担当カラーの神田陸人(かんだりくと)。数学と野球が特技だといいます。
この4人の中で、柔道をやったことがあるのが奏と統威。ともに中学の体育の授業で経験があるそうです。
そのせいか、奏は自信ありげな様子。
「技とか受け身とか、ある程度できると思います」
と、やる気満々に話してくれました。
一方で、不安げな表情を見せていたのは、経験のない統威と陸人。
大丈夫かな。ケガのないように気を付けて!!

さて、4人がやって来たのは、千種区池下にある『田代道場』。
2016年のリオデジャネイロパラリンピックの柔道60kg級で銀メダルに輝いた広瀬誠選手も所属する伝統ある道場です。
ここでは、ジュニアや一般向けの教室も開いています。

道着に着替えた4人は、稽古に入る前に、代表の田代文吾さんから柔道についての心得を伺いました。
「柔道は『礼に始まり、礼に終わる』と言われるなど、礼儀を重んじる日本発祥の武道です」という田代さんの言葉に促されるように、まずはあいさつからスタートです。

「お願いします!!!」
4人ともお腹の底から気合いの入った声を出して、なかなかいい感じ。
元気いっぱいのあいさつが道場に響き渡りました。
「なかなかいいあいさつ」と田代さんも合格点!
柔道もエンターテインメントも、あいさつが基本であることは変わりないようです。

続いて田代さんは、柔道の精神について次のように話してくれました。
「柔道の創始者である嘉納治五郎は、精神を鍛錬する武道として柔道を始めました。ただ強くなればいいというものではなく、『礼節・自立・高潔・品格』を持った人格を形成することを一番の目的としています。今日の稽古も、相手の人格を尊重し、お互いを高め合うという気持ちを持って取り組んでください」
そんなありがたいお言葉に、4人は神妙な顔つきで田代さんの話に聞き入っていました。
稽古終了後に「日本人が大切にすべき心を学ぶことができました」と話してくれたのは陸人。彼だけではなく、参加した4人全員の心に田代さんの言葉は届いたことでしょう。

「礼に始まり、礼に終わる」という柔道の基本を学んだ4人。さあ、次はいよいよ稽古の開始です。が、今日のレポートはここまで。実際の稽古の様子は次回後編でお伝えしたいと思います。どうぞ、お楽しみに!

(ライター・鶴哲聡)

撮影協力:田代道場ほねつぎ
http://sports.geocities.jp/tashirojudoaikido/

最初に祭nine.のメンバーと田代道場ほねつぎの皆さんと集合写真を撮りました!
道着に着替えます。帯の結び方など丁寧に教えていただきました。
道着に着替えました。みんな決まっています!
田代道場ほねつぎ代表の田代文吾さんに柔道の精神についてお話を伺いました。
次回からいよいよ実践です!