愛知県振興部スポーツ振興課
JPEN
instagram facebook twitter youtube
menu
page top

Pick Up Athlete#8
豊田自動織機シャトルズ/WTB・CTB 坂井克行

NHK名古屋放送局が主催するパネル展、NHK「アスリートに恋して。展」。この企画で取り上げられているアスリートをaispo!でも紹介します。

再び日本を熱狂へ!メダルを誓うMr.セブンズ

 2019年秋、勇敢な桜の戦士は日本ラグビーの歴史を変え、大旋風を巻き起こした。「次は我々セブンズがオリンピックで躍動する番です」。並々ならぬ決意で新たな年を迎えたのは、東京2020オリンピックの7人制ラグビー日本代表候補に名を連ねる坂井克行選手だ。
 高校からラグビーを始めた坂井選手は、優れたゲームメイクスキルを武器に早稲田大学4年生の時に7人制の日本代表に初招集。2012〜15年には主将を務め、リオデジャネイロオリンピックではニュージーランドから大金星をもぎ取り、ベスト4入りに貢献した。

 セブンズ歴は実に10年。2019年に主要国際大会最多出場記録を更新した“ミスターセブンズ”は、「日本で開催されるオリンピックは必ず勝たなければいけません。それはリオデジャネイロオリンピック出場経験のある自分の使命だと思っています。メダル獲得という大きな目標に向かって毎日が試練ですが、悔いのないように頑張ります」とメダルに届かなかった4年前の悔しさを胸に奮闘を誓う。

 海外遠征が多い坂井選手の趣味は、世界中にチェーン展開しているカフェのマグカップ集め。「ラグビー選手はオフにお茶をするのが好き。カフェで色々な話をして、チームのコミュニケーション力を高めています」。今夏は、“ONE TEAM”となったセブンズの活躍で日本は再び興奮の渦に包まれるだろう。

※ユニフォームは2018年仕様のものです。
 
 

PROFILE
さかい かつゆき。1988年生まれ。三重県四日市市出身。兄の影響で四日市農芸高等学校入学後にラグビーを始め、高校日本代表に選出された。早稲田大学卒業後は豊田自動織機シャトルズに入団。現在は7人制ラグビーの日本代表候補メンバーに選出され、チームを離れて東京2020に向けて活動中。
Twitter @sakai_k7

チーム情報
豊田自動織機シャトルズ
1984年創部。「シャトルズ」はG型自動織機に用いられたよこ糸を通す部品「シャトル」に由来し、チームの強い絆を表す。今季はジャパンラグビートップチャレンジリーグで2位。
「豊田自動織機シャトルズ」公式HPはこちら


文=山田智子

NHK「アスリートに恋して。展」

東海北陸地方を中心に活動するアスリート達の写真や、競技への思いを語るインタビュー記事が楽しめるパネル展。

日程:〜2020年3月15日(日)
会場:瀬戸市体育館 詳細はHPにて。
HP:www.nhk.or.jp/nagoya
TEL:052-952-7111(平日9:30〜18:00) (NHK名古屋放送局)

aispo!マガジン最新号

2020 / SPRING vol.24

PickUp記事