愛知県振興部スポーツ振興課
JPEN
instagram facebook twitter youtube
menu
page top

スタッフだけが知っているチームの裏側をお見せします Vol.3
Vリーグ
トヨタ車体クインシーズ

 チームを支えてきた荒木絵里香さんの引退をはじめ、多くのメンバーが入れ替わったトヨタ車体クインシーズ。元気な若手選手たちがチームを盛り上げ、今までにない魅力を見せてくれそうだ。

私、ケアアドバイザーの村永がチームのことを教えます!

PROFILE
村永奈央
むらなが なお。兵庫県出身。1993年生まれ。小学1年生でバレーボールを始める。2016年、トヨタ車体クインシーズへ入団。安定感のあるレシーブで2017年の全日本バレーボール選手権優勝に貢献した。
今年5月に引退し、選手たちのサポート役となるケアアドバイザーに就任した。
Twitter @queenseis_tab
Instagram @toyota_auto_body_queenseis


 

フレッシュなパワーで上位へ返り咲きを目指す!

 今シーズンのトヨタ車体クインシーズはフレッシュなチームに生まれ変わりました。長くチームの精神的な支柱であり、私も尊敬する荒木絵里香さんが東京2020を最後に引退されたのをはじめ、7選手が退団し、代わりに移籍加入や新人選手10名が加わっています。まだ10代の若い選手が6人もいるせいか、元気があってとても明るい雰囲気。伸びしろは無限大で、大きく飛躍する可能性のあるチームだと思っています!
 10月に開幕した2021-22シーズンのVリーグでは、今のところ思うような成績が残せていません。でも、ひとつきっかけをつかむことができれば成長できるチームだと信じています。これからの巻き返しに期待してください。注目してほしい選手は、新キャプテンの藪田美穂子選手。元々人前で話すのが苦手なタイプで、就任した当初は、「自分がチームを引っ張っていけるのか」などと悩む様子もありましたが、最近はどんどん頼もしくなってきました。「熱いチームにしたい!」という彼女の気持ちも、チームのみんなに浸透してきているように思います。
 

現役時代はウイングスパイカーとして活躍した村永さん。

愛されるチームになることを目指して選手をサポート

 私は今年5月に現役を引退して、ケアアドバイザーに就任しました。選手たちを精神面でサポートし、監督・コーチと選手の橋渡しをするのが主な仕事です。大好きなクインシーズの役に立つ仕事ができないかと思っていたところ、チームから「ケアアドバイザーをやってみないか」と声をかけてもらいました。実は新たにできたポジションであり、初めてのことだらけで戸惑う場面も多くありますが、「最高の状態で選手をコートに立たせてあげることが私のミッション」と自分に言い聞かせています。
 心掛けているのは、選手たちの様子をしっかりと観察すること。元気のない選手がいたらそっと声をかけたり、リハビリで苦しんでいる選手がいたら話を聞いてあげたりと、できるだけ選手に寄り添うようにしています。ある選手から、「いてくれて助かりました」と言ってもらえた時は、とても嬉しくてやりがいを感じました。今後はメンタルトレーニングなどの勉強をして、少しでもチームに恩返しができればと思っています。
 選手からスタッフに転身して改めて気付いたのが、会社の人やファンの方々の支えがあってチームが成り立っているということです。多くの人から愛されるチームになることを目指して頑張りますので、ぜひ試合会場に足を運んでクインシーズを応援してください!

引退後、チームコーディネーターに就任した
荒木絵里香さんの活動にも注目したい

女王をモチーフとしたチームの
マスコットキャラクター・クインちゃんと選手たち

ハードな練習後もスマイル!若い選手が多く、
明るく元気な雰囲気が◎

村永さんが支える選手たちの
生き生きとした姿に注目ッスポ!


aispo!マガジン最新号

2022 / SUMMER vol.33

PickUp記事