愛知県スポーツ局スポーツ振興課
JPEN
instagram facebook twitter youtube
menu
page top

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ サブMC
二村春香のLOVE the RED.

今季のドルフィンズは爆発的な攻撃力が魅力!

 今季の名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、日本代表候補にも選出された須田侑太郎選手や、力強いドライブが魅力の伊藤達哉選手などが加わり、攻撃の幅が広がりました。「トランジションバスケット」と言われる速い展開のバスケットは変わらず、ショーン・デニスヘッドコーチが選手の特色を引き出すことで、どのようなコンビネーションが生まれていくのかすごく楽しみにしています。11月末にも新しい外国籍選手が合流したりと益々パワーアップしていくドルフィンズの姿を見ていると、これからどんなチームプレーを見られるのか、本当にワクワクします。
 個性的な選手が多い中でも、私が注目しているのは、愛知県みよし市出身で、東京2020でも活躍した張本天傑選手! 外からのシュート確率も高いですし、中に切り込んでもいける。そこからの得点パターンも豊富で、選択肢が広いオールラウンダーな選手です。それに、張本選手は料理が得意で、ご自身がプロデュースした弁当や調味料をホームゲームで販売したり、TikTokで対戦チームのマスコットとダンス対決をしていたりと、本当に多才なんです。試合中の真剣にプレーしている表情と、コート外での面白さや可愛らしい一面とのギャップも魅力で、ファンもとても多いですね。ドルフィンズには欠かせない選手です。


 

アリーナの一体感でチームを後押し

 コロナ禍で声を出しての応援ができない状況が続いていますが、サブMCとしてお客さんにアリーナ観戦を楽しんでいただけるよう、もっともっと盛り上げていきたいですし、それがチームの勝利に繋がれば最高ですね。応援をさらに楽しんでいただくために、私がおすすめする応援グッズは「DO,RED.扇子」! 扇子を使った応援は他のチームにはあまりない演出です。特に第4クオーター終盤の勝負所で流れる音楽に合わせて会場のみんなで扇子を振り、選手に風を送る応援は会場全体が一体となって圧巻ですよ。また、試合当日はワンコイン(500円)でファンクラブへ入会することができ、入会特典としてDO, RED. 扇子、限定応援Tシャツ、限定ベアーキーホルダーのいずれかがもらえるのでとってもお得です!
 あと、特に女性ファンの方にぜひチェックしていただきたいのが、「Dolphina ベースボールシャツ」です。実はこちら、私がデザインを担当させていただきました! サイドと袖の部分、縦のパイピングのラインを黒にしたところがこだわりポイント。この黒いラインがスタイル良く見せてくれるので気に入っています。アリーナで女性だけでなく、男性にも着ていただいているのを見かけた時には、こだわってデザインしてよかったなと感激しました。


 

ドルフィンズを通じて名古屋の街を盛り上げたい

 サブMCはホームゲームでの活動が中心ですが、それ以外にも私のSNSなどでの発信を通じて、バスケを見たことのない人たちが「ドルフィンズを見に行ってみよう」と思うきっかけになったり、さらにそこから「友達にも紹介しよう」というように、どんどん輪が広がっていったらいいなと思っています。ドルフィンズや地元スポンサーの皆さん、ブースターの皆さんとの相乗効果で、名古屋の街を盛り上げていきたいですね。
 私のほかにも、同じSKE48メンバーだった高柳明音さんはシーホース三河のPR隊長として、相楽伊織さん(元・乃木坂46メンバー)はサンロッカーズ渋谷でナビゲーターとして活躍されています。こうした方々と、例えばチャンピオンシップの時に集まってコラボレーションができたらいいなと思っています。これからもドルフィンズのチャンピオンシップ出場、B1リーグ優勝を願って頑張っていきますので、一緒に応援をよろしくお願いします!


 

PROFILE
二村春香
ふたむら はるか。1996年生まれ。愛知県名古屋市出身。中学3年生の時(2011年)にSKE48の第5期生としてデビュー。チームSのメンバーとして活躍し、5度の選抜入りを経験。AKB48選抜総選挙では3年連続でランクインした。2017年にグループを卒業。2019-20シーズンからドルフィンズのサブMCに就任し、精力的に活動中。ニックネームは「はるたむ」。
Twitter @harutamchan
Instagram @haruka_5_14

二村春香ファンサイト
「ふたむらんど」
二村春香に関する最新情報や限定配信をお届けするほか、専用のコミュニティにも参加できるオンラインサロン。
詳細についてはこちら
HP lounge.dmm.com/detail/1099

aispo!マガジン最新号

2021 / WINTER vol.31

PickUp記事