愛知県振興部スポーツ振興課
JPEN
instagram facebook twitter youtube
menu
page top

スタッフだけが知っているチームの裏側をお見せします Vol.4
日本ハンドボールリーグ
大同特殊鋼フェニックス

 日本リーグ最多18度の優勝を誇る名門・大同特殊鋼フェニックス。
 周囲の期待を力に変えて、一丸となって戦う選手たちの活躍に注目だ。

私たちがチームのことを教えます!

PROFILE
家田孝二
いえだ こうじ。1962年生まれ、愛知県出身、高校卒業後大同特殊鋼に入社。生産管理室所属。選手たちの仕事上のフォローはもちろんのこと、試合の応援も熱心に行っている。

PROFILE
浦田悠司
うらた ゆうじ。1983年生まれ、熊本県出身。日本体育大学卒業。中学生の頃からハンドボールを始め、2006年にフェニックスに入団。現在は広報室でチームの情報発信に携わっている。

 
Twitter @daido_phenix
Instagram @daido_phenix


 

練習や試合で培われた判断力や行動力が仕事にも好影響

<家田>「一流プレーヤーである前に、一企業人であれ」という創部以来の伝統を受け継ぎ、フェニックスの選手たちは社業にも従事しています。私が勤務する生産管理室で一緒に働いている平子卓人選手や久保龍太郎選手は、鋼材の出荷手配や配送を担当しています。2人ともさすがアスリートなだけあり、お取引先や社内関係者への対応がとてもしっかりしていて、仕事が円滑に進むようにチームワークも大切にしています。それに判断や行動も早い! これはまさにハンドボールで育まれた能力だと思います。私は25年以上、歴代の選手たちと一緒に仕事をしていますが、みんな真面目で仕事に真摯に取り組む人たちばかりで、本当に感心しています。
 県内で行われる試合には、部署を挙げて応援に行ったりもします。勝利の翌日は職場も大盛り上がり! 時には反省点も含めて選手たちと職場で話すことも。会社全体でフェニックスを応援しているので、それが選手たちのモチベーションにも繋がっていると思います。
 選手たちにはこれからもパワフルなプレーを見せてほしい。そのために、私たち同僚も全力で支えていきたいと考えています。
 

選手自身が編集するYouTube動画に注目!

<浦田>私も現役時代は社業とハンドボールを両立するのは大変でしたが、職場の方々の協力のおかげで続けることができました。現在は所属する広報室の業務として、チームの情報発信に携わっています。
 ファンの方にぜひ見てもらいたいのは、ホームページで毎週火曜日に更新しているブログ「週刊フェニックス」。選手やスタッフが持ち回りで執筆していて、選手たちの人となりを知っていただけると思います。
 昨年は公式YouTubeチャンネルも開設しました。これは「チームや選手のことを発信して、もっと多くの人にフェニックスを知ってもらいたい」という地引貴志監督の思いに応えたいと、ハンドボール部と協力して立ち上げたものです。実は堀田陽大選手が動画の編集を担当しているんです! これからもいろいろな動画をお届けしていきますので、ぜひチェックしてください。
 フェニックスはチームワークに優れ、堅守速攻のプレースタイルで一丸となって戦うチームです。昨年の秋には、ワールドクラスのシュート力を持つデネル・ヤーニマー選手や、数々の大舞台で優勝を経験しているイゴール・アニッチ選手も加わり、ますます戦力がアップしました。ほかにも、得点力と守備力を兼ね備えた中田凌河選手など、魅力的な選手ばかりなので、ぜひ応援よろしくお願いします!

現エストニア代表でもあるライトバックのデネル・ヤーニマー選手。

元フランス代表のイゴール・アニッチ選手の存在が、
チームに新たな刺激をもたらしている。

企業人としても大活躍の選手たちは
とってもカッコいいッスポ!


aispo!マガジン最新号

2022 / SPRING vol.32

PickUp記事