愛知県振興部スポーツ振興課
JPEN
instagram facebook twitter youtube
menu
page top

短期連載 第3回
中京大学・中京大中京高校所属
フィギュアスケーターたちの素顔

 国内トップレベルのフィギュアスケーターが数多く在籍する中京大学・中京大学附属中京高等学校のスケート部。『aispo! web』では、同部で活躍する選手たちに、今シーズンの目標や注目してほしいポイント、学生生活の様子などを取材し、短期連載企画としてお届けする。
 第3回は、今シーズンに向けて演技力・表現力共に一段と磨きがかかった横井ゆは菜選手と、昨シーズンの中部選手権ジュニア女子で見事優勝を手にした横井きな結選手の姉妹が登場。現在、大学4年生・高校3年生と、共に転機を迎える姉妹の今について話を聞いた。
 

横井ゆは菜
中京大学 スポーツ科学部競技スポーツ科学科4年
2000年5月19日生まれ 愛知県名古屋市出身
 

今シーズンに向けて新たに取り組んでいる曲や振り付けについて教えてください。

 昨シーズンとはまったく違う曲や振り付けにチャレンジしています。誰もが知っている王道の曲を選ぶこともできましたが、大学4年生になり残り少ない曲数の中でいかに様々な演技を行うかを考えた時に、「今までとは違う自分を見せたい」という気持ちが強くなり、今回挑戦することにしました。見ている方も毎回同じような曲や振り付けでは楽しめないと思いますので、意外性のある演技を見せたいと思います。もしうまくいかなくて得点に繋がらなかったとしても、挑戦し続けていきたいと考えています。

演技の中で、特に注目してほしいところは?

 ショートの振り付けは不思議な感じで、「人じゃない、あらゆるものになれる」というコンセプトになっています。フリーの最初は重厚感溢れる雰囲気ですが、後半は一転して明るい雰囲気になります。前半と後半でまったく違う自分を見せていきたいですね。今まで自分が避けてきたジャンルなので、新しい挑戦にも注目していただきたいです。

今シーズンの目標を教えてください。

 坂本花織選手や樋口新葉選手の背中を追いかけ、両選手が経験してきた舞台をこれまで自分のペースで一歩ずつ歩いてきました。昨シーズンはスケート人生の目標である四大陸選手権出場を叶え、坂本選手や樋口選手が見ていた世界を体感することができました。今シーズンは世界選手権出場が夢。もし出られたら、また両選手に一歩近づけると思います。

トップスケーターが集まる中京大学・中京大中京高校のスケート部で活動することで、どんな刺激を受けていますか?

 シンプルに、素晴らしい選手たちの練習を見られることは嬉しいです。特に今はどの選手も新しいプログラムを練習している最中で、そばで見られるのは中京大学フィギュアスケート部ならではの特権です(笑)。でもみんながいなくても、常に自分で目標や刺激をつくりながら練習を行っています。

スケート部で仲の良い選手や尊敬する選手は?

 みんな仲がいいですが、特に山本草太選手とはジャンプの調子がいい時や、新しいプログラムでよいところをお互い褒め合っています。ほかの仲のいいスケーターや後輩にも、ジャンプや演技のよいところは「調子いいね」と伝えるようにしています。むしろ、私の方が「伝えたい!」と思って伝えています(笑)。昨シーズンは落ち込むことが多かったのですが、先輩方に励ましてもらったりもしました。また、自分自身が納得できる形で競技生活を終えたいので、年上の方に引退の時期や引退を決める条件など、いろいろな話を伺っています。

普段の学生生活や趣味について教えてください。

 今まではスケート中心の生活で、友人と遊びにいくことは二の次でしたが、もし就職したら今より時間を作るのは難しいと考え、今年は積極的に時間を作って友人との時間を大切にしています。おかげで生活のメリハリがつき、今までで一番大学生らしい生活を送っていると実感しています(笑)。残り1年の学生生活を、さらにアクティブに送っていきます。

愛知のフィギュアスケートファンに向けて、メッセージをお願いします。

 大学4年生になり、今年は節目の年を迎えます。今後の私の進退についてはお楽しみにしていただければと思いますが、最後までいい演技で皆さんを楽しませていきたいと思いますので、皆さんも思いきり楽しんでください。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

横井きな結
中京大学附属中京高等学校 進学コーススポーツクラス3年
2004年12月12日生まれ 愛知県名古屋市出身
 

今シーズンに向けて新たに取り組んでいる曲や振り付けについて教えてください。

 今シーズンからシニアに上がるので、振り付けもトリプルアクセルを取り入れるなど、新しくする予定です。フリーの曲は『オペラ座の怪人』に変えました。変化のある曲調の中でいろいろな演技や表現ができるように頑張っていきたいと思います。

演技の中で、特に注目してほしいところは?

 ステップで盛り上がる部分があります。序盤に比べて、後半は明るく盛り上がって楽しめるようなステップになっていますので、ぜひ注目してもらいたいです。

今シーズンの目標を教えてください。

 全日本選手権出場を目標に頑張ります! 私はフリーが苦手で、特にジャンプは一回崩れると後も崩れてしまうことがよくあります。1回ミスしても全体の流れを止めないように、また、各要素で演技をまとめられるように練習を強化していきます。

トップスケーターが集まる中京大学・中京大中京高校のスケート部で活動することで、どんな刺激を受けていますか?

 世界で戦えるレベルの選手が多く、とてもいい環境で練習ができていると思います。自分自身満足がいく練習を積み重ね、試合で結果を残したいと思います。

スケート部で仲の良い選手や尊敬する選手は?

 私と同世代の選手である松生理乃選手と河辺愛菜選手とは、練習中や練習後にスケートのことについてよく話をします。ジャンプなどの失敗にも共感してくれるので、「自分だけが悩んでいるわけではない」と励みになります。姉(ゆは菜選手)にはよく技を教えてもらったりしています。本人は優しく教えてくれているつもりらしいですが、熱心に教えるあまり徐々にヒートアップし、厳しい時もあります(笑)。

普段の学生生活や趣味について教えてください。

 LINEゲームの『ツムツム』に再びハマっています(笑)。ツムツムのイベントは必ずクリアする、というのがマイブームです。またドラマを観るのが好きで、月曜日から日曜日までのドラマをほとんど録画して移動中に見ています。地元の友だちとは、短い時間でも会って遊んだり話をしたりしています。

愛知のフィギュアスケートファンに向けて、メッセージをお願いします。

 いつも応援してくださる皆さんに感謝しています。最近はいい結果を残せていないですが、目標である全日本選手権の舞台ではいい演技ができるように頑張りたいと思います。まずは7月の名古屋市大会(みなとアクルス杯)で、ショートもフリーも高得点が出せるように頑張ります。


次回は中京大中京高校の後藤千弦選手と高岡もも選手が登場。お楽しみに!

aispo!マガジン最新号

2022 / AUTUMN vol.34

PickUp記事