愛知県振興部スポーツ振興課
JPEN
instagram facebook twitter youtube
menu
page top

短期連載 第5回
中京大学・中京大中京高校所属
フィギュアスケーターたちの素顔

 国内トップレベルのフィギュアスケーターが数多く在籍する中京大学・中京大学附属中京高等学校のスケート部。『aispo! web』では、同部で活躍する選手たちに、今シーズンの目標や注目してほしいポイント、学生生活の様子などを取材し、短期連載企画としてお届けする。
 連載の最終回となる第5回は、2022年に行われた北京冬季オリンピックで銀メダルに輝き、今年4月から中京大学に入学した鍵山優真選手が登場。新シーズンに向けてさらなる高みを目指す鍵山選手に、その意気込みを聞いた。
 

鍵山優真
中京大学 スポーツ科学部競技スポーツ科学科1年
2003年5月5日生まれ 神奈川県横浜市出身
 

今シーズンに向けて新たに取り組んでいる曲や振り付けについて教えてください。

 ショートはまだこれからですが、フリーに関しては今までやったことがないような、雰囲気が大人っぽい曲を選んでいます。演技の内容も充実しているので、自分自身もさらに進化できるプログラムになっていると思います。

演技の中で、特に注目してほしいところは?

 コロナ禍の影響で、今まではリモートで振り付けをしていただいていたのですが、5月に10日間カナダへ渡って、振付師と直接話し合いながらプログラムを作って練習することができました。その振り付けはとても細かく、自分にとってはかなり難易度の高いプログラムですが、その分皆さんが観ていて飽きない内容になっていると思います。また、進化したジャンプにも注目してほしいです。

今シーズンの目標を教えてください。

 今はまだ模索しているところですが、練習中の新しい4回転を早く自分のものにしたいですし、出場するすべての試合で優勝したいと思っています。昨シーズンは全日本選手権でも世界選手権でもいい演技ができなかったので、今年は優勝を狙ってノーミスで完璧な理想の演技をしていきたいです。ジャンプの完成度ももちろん大切ですが、プログラム全体の完成度を大切にしています。観ている方に感動していただけるような演技を目指していきます。

今後の大会スケジュールについて教えてください。

 グランプリシリーズをはじめ、海外で行われる試合は9〜10月頃から始まる予定です。いつ本番が来てもいいように、オフシーズンの時間を大切にして練習に励み、演技の完成度を高めていきます。

トップスケーターが集まる中京大学・中京大中京高校のスケート部で活動することで、どんな刺激を受けていますか?

 高校生から大学生まで、どの選手もそれぞれの目標に向かって熱心に練習をしているので、自分自身も刺激を受けてもっと成長することができると思います。
 また、高校時代は試合や練習でなかなか学校へ行けなかったのですが、ここは大学のキャンパス内にスケートリンク(オーロラリンク)があるので、スケートも学業もより楽しんでいきたいと思います!

スケート部で仲の良い選手や尊敬する選手は?

 まだほかの選手と関わることがあまりないのですが、これからもっとコミュニケーションを深めていきたいと思っています。僕が中京大学に入った理由の1つは、中学時代から憧れていた宇野昌磨選手の母校だから。昌磨くんは、日本にいる時は(鍵山選手が練習を行っている)豊田キャンパスのオーロラリンクで練習をするので、お互い切磋琢磨しながら一緒に練習しています。自分にとってはとてもいい刺激になっていますね。昌磨くんの練習量は半端なく多く、言葉を交わさずとも見ているだけで「もっと自分も頑張ろう」と思えます!

普段の練習に対するご自身の考えや思いを教えてください。

 「ショートもフリーもノーミスで演技をする」ということが、スケート人生を通じてまだできていません。自分自身のやるべきことがしっかりと定まっているので、練習は全然苦ではないです。むしろ、目標に向かって毎日楽しく練習しています。どの試合もノーミスで、笑顔で終われるように力を磨いていきたいと思っています。

練習拠点が神奈川県横浜市から愛知県に変わったことで、どのように環境の変化を感じていますか?

 スケートリンクが大学のキャンパス内にあるため、どの時間帯でも滑ることができ、その分練習量も増えました。中京大学を選んで本当によかったと思っています。横浜で練習していた時もいいところはたくさんありましたが、ここではより多くの人からいろいろな刺激をもらっています。この大学でスポーツ選手としても成長していきたいですが、いろいろな人と関わりながら人としても成長していきたいですね。

お父様の出身地である愛知県ですが、お気に入りの場所は見つかりましたか?

 祖母の家が名古屋にあるため、これまでは正月などに訪れていましたが、あまり出かけたことはありませんでした。ですので、今はとても新鮮な気持ちで過ごしています。正月以外は毎日練習をしていて、なかなか出歩くことができませんが、これから愛知県のお気に入りの場所を探したいと思っています。

フィギュアスケート以外にハマっていることがあれば教えてください。

 写真を撮るのが好きです。もともと自然を見るのが好きで、海外の試合の時などは山の写真などを撮ったりしています。週末は午前中が練習で、午後はゆっくりできるので、時間がある時には散歩をしながら写真を撮りたいと思っています。

愛知のフィギュアスケートファンに向けて、メッセージをお願いします。

 これからも変わらず、自分の高みを目指していきたいと思っています。今年の目標は“進化すること”。技術面だけでなく表現にも磨きをかけ新しい自分を作り出していけるように頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。


『aispo!』では今後も、中京大学・中京大中京高校のフィギュアスケーターたちを紹介していきます。最新の情報はaispo! SNSで更新しますので、ぜひフォローをお願いします。
Twitter @aichi_sports
Instagram @aichi_sports
Facebook @aichisports

aispo!マガジン最新号

2022 / AUTUMN vol.34

PickUp記事