愛知県振興部スポーツ振興課
JPEN
instagram facebook twitter youtube
menu
page top

人気アスリートにあいスポくんが突撃取材!
第3回 藤井陽也選手

 こんにちは!スポーツ大好きあいスポくんッス! 僕が愛知の人気アスリートに突撃取材をする連載コーナーです!第3回はJリーグ・名古屋グランパスの期待のセンターバック、藤井陽也選手に話を聞いたよ。その活躍から赤マル急上昇中の藤井選手、ピッチ外での素顔について気になっている人も多いはずッス!
 
 

あいスポくん、はじめまして!藤井陽也です。


はじめまして!今日はよろしくッス。さっそく質問を始めるッス。藤井選手がサッカーを始めたきっかけを教えてほしいッス。


僕には二つ上の兄がいて、その影響でサッカーを始めました。


子どもの頃はやっぱりお兄ちゃんの方が上手かったの?


そうですね。よく兄を追いかけてサッカーをして、父と3人でボールを蹴っていました。


サッカー以外に関心のあったことを教えてほしいッス。


サッカー以外だと、やっぱり友達と遊ぶことでしたね。サッカーが忙しくてなかなか遊べなかったんですけど、休みの日は友達の家でゲームをしたり、外で鬼ごっこしたりとか。テレビで人気の『逃走中』的な遊びをよくやっていた記憶もあります。


昔から走ることが好きだったんだね。


そうですね、走り回ってました(笑)。


チームのみんなからは「はる」「はるちゃん」というニックネームで呼ばれているの?


そうですね。「はるちゃん」と呼ばれ始めたのは小学生の頃のコーチが最初だと思うんですけど、今では年下の選手にも「はるちゃん」と呼ばれたり(笑)。


じゃあ僕も今度会う時から、「はるちゃん」って呼んでいいッス?


どうぞ、あいスポくん。


グランパスには石田凌太郎選手など、藤井選手と歳の近い選手が多いですが、特に仲がいいのは誰?


その2人とも仲が良いですし、東ジョンは2歳下ですがタメ口で話しています(笑)。少し年上だと相馬勇紀選手や森下龍矢選手とも特に仲良くさせてもらっていますね。


ちなみにチーム内では、藤井選手はいじる側?いじられる側?


どちらもですけど、どちらかと言えば後者ですかね。チームには先輩が多いので。


同じ愛知県出身でグランパスアカデミー出身の菅原由勢選手(オランダ1部リーグ・AZアルクマール所属)には、今でもよく連絡しているの?


そうですね。この前彼が帰国した時に食事をしましたし、普段から連絡を取り合っています。


藤井選手の出身地である春日井市の魅力を教えてほしいッス。


僕がよく行っていた『春日井市民納涼まつり』という夏祭りがおすすめです。打ち上げ花火や盆踊り、たくさんの出店もあるので、来年の夏はぜひ行ってみてください!


絶対に行くッス!そういえば、地元を離れて今は一人暮らしなんだよね。自炊はしているの?


料理はあまりしないですね……。得意ではないので。いや、挑戦してみたい気持ちはあるんですよ(笑)。チャーハンを上手く作れるようになりたいですね。僕の同期の成瀬竣平選手(現在ファジアーノ岡山に育成型期限付き移籍)がチャーハンを上手に作るので、彼みたいに作れるようになりたいです。


その時は、ぜひ僕にも食べさせてほしいッス!オフの日は何をしているの?


栄へ買い物に行くことが多いです。特に服を買うことが多いかな。


地元への愛着は強い方だと思う?


地元は好きですね。だから小学生の頃からプレーしてきたグランパスというチームにも、特別な思い入れがあります。


最後に愛知のスポーツファンに向けて、メッセージをお願いするッス!


僕は守備の選手なので、相手のシュートをブロックするところや相手からボールを奪うところを観てほしいです。また空中戦、特にヘディングで競り勝つところも観てほしいですね!


今回の感想

爽やかな笑顔と、ちょっとはにかみながら真剣に答えてくれる姿が好青年!という感じッス。今後のグランパスを支える選手の一人となる「はるちゃん」から、目が離せないッスポ!


PROFILE
ふじい はるや。2000年生まれ。愛知県春日井市出身。小学生の頃から名古屋グランパスの育成組織でプレーし、U-16、U-17の日本代表にも選ばれる。2018年にはトップチームでのプレーが可能な2種に登録され、ルヴァンカップでトップチームデビューを果たす。プロ4年目の今シーズンは序盤からコンスタントに出場機会を勝ち取り、主力に定着した。高い身体能力を生かした対人守備能力が武器。

aispo!マガジン最新号

2022 / AUTUMN vol.34

PickUp記事