愛知県スポーツ局スポーツ振興課
JPEN
instagram facebook twitter youtube
menu
page top
Pick Up記事カテゴリー
2023/10/16 特集記事

教えて!Vリーガー
第7回 ジェイテクト STINGS~バレーボール編~

© ジェイテクトSTINGS

 2023-24シーズンが開幕したVリーグ。Vリーグには愛知県を拠点にするバレーボールチームが多数参戦している。
 そんな愛知のVリーガーたちに、『aispo!』のSNS(X(旧Twitter)、Facebook、Instagram)で募集した様々な質問に答えてもらう連載企画、「教えて!Vリーガー」。第7回は「ジェイテクトSTINGS」から関田 誠大選手、手塚 大選手、秦 耕介選手が登場。『aispo!』読者から寄せられたバレーボールに関する様々な質問に答えてくれた。

関田 誠大選手への質問

Q.メンバーの入れ替えが激しいですが、どんなバレーを展開したいですか?(女性50代)
A.自分の特徴や、強みを活かしながらプレーしたいです。

Q.試合中、関田選手は頭をフル回転していると思うのですが、試合後、身体より頭が疲れたと感じる事があったりしますか?(女性50代)
A.両方疲れるというのはあります。頭だけというのはありません。

Q.トスを上げる時に意識してることを教えてください!(女性10代)
A.自チームのアタッカーの動き、相手のブロックの動きなどを意識してます。

Q.2年目もジェイテクトでやってみよう、と思ったポイントは何ですか?(女性50代)
A.メンバーがガラッとまた変わるんですが、このチームで何か成長できたらと思い、契約しています。

Q.バレーボールに出会ったきっかけはなんですか。また、セッターというポジションになるまでの経緯も聞きたいです。(女性10代)
A.姉の影響です。必然的にセッターになりました。

Q.what strategies have you gained from the VNL and AVC tournaments which you think you could apply in your matches in the upcoming V-league? (バレーボールネイションズリーグ や アジア男子バレーボール選手権 のトーナメントから得た戦略は何ですか。 次の V リーグの試合に応用できると思いますか?)(男性40代)
A.たくさんの試合をすることで、経験は得られたと思います。Vリーグでもその経験を活かせたらと思います。

Q.代表でもクラブでも見事なトスワークで相手ブロッカーを翻弄されている関田選手ですが、試合前に「今日はこういう感じのトス回しをしよう」といった感じであらかじめイメージを固めて試合に臨むのか、はたまた試合中相手の動きを見た上で「相手がこういう動きをしてくるからこういうトスワークでいこう」といった感じでゲーム中にイメージを固めていくのか、教えてください!(男性20代)
A.どちらも言えます。

Q.セッターの動きをとにかく見たい場合、どの辺り(サイド/エンド)のどの高さ(アリーナ〜スタンド)の席で見るのがおすすめですか?(女性20代)
A.エンド側だと思います。

Q.背番号を12から8に変えた(変わった)理由はなんでしょうか?(女性20代)
A.縁起が良いからですかね?

Q.いちバレーファンとしての質問なんですが、選手側からするとどのような応援が嬉しいと感じますか?応援の盛り上げ方について、ぜひ選手目線での意見をお願いします!!(男性10代)
A.会場が一体となる応援をしてもらえると嬉しいです。

関田誠大PROFILE
1993年東京都出身。東洋高校、中央大学卒。
パナソニック·パンサーズ、堺ブレイザーズ、Cuprum Lubin(ポーランド)を経て、2022-23シーズンからジェイテクトSTINGSで活躍中。
ポジションはセッターで、背番号8。2016年から現在まで、バレーボール日本男子代表として、2021年の東京2020オリンピック始め、今年開催のバレーボールネーションズリーグ2023、FIVBパリ五輪予選/ワールドカップバレー2023など多数の国際試合に出場。

手塚 大選手への質問

Q.他チーム在籍時に思っていたジェイテクトの印象は?また、入団してみて気付いたことはありますか?(女性50代)
A.元気よく仲が良い感じが伝わってきて雰囲気が楽しそうなイメージ。最初思ってた通りにみんな優しく接しやすい人たちでした。

Q.移籍した理由は?(女性40代)
A.引退を考えていたのですが、ジェイテクトで選手としてプレーできるチャンスがあったので選手としてバレーができるのならば頑張りたいと思い移籍することにしました。

Q.バレーボールをやっていて、今までで一番うれしかったことは?(女性60代以上)
A.1番嬉しかったことは選べませんが、チームメイトと今まできつい練習をやってきて成果がでて、勝てることは全て嬉しいです。

Q.モチベーションの保ち方を教えてください!(女性10代)
A.保ち方なのかはわかりませんが、今、こうして選手としてバレー出来る立場に感謝して楽しんでバレーするということをいつも思っています。

Q.プレーで注目して欲しいところは?(女性40代)
A.スパイク、ブロック、サーブの攻撃面です。

Q.好きな筋トレは何ですか?(女性40代)
A.筋トレは正直全てがきついので好きな筋トレはないです。年齢重ねるごとにトレーニングは大事だと思い知らされてるので頑張ってやってます。

Q.今季の自分の目標は?(女性60代以上)
A.自分の今出来る最大限のこと、役割を果たして、1つでも多く勝ちます。

Q.試合会場でファンにしてもらって嬉しかったこと、してほしいことはありますか。(男性20代)
A.会場に応援来ていただき、差し入れなど頂けるととても嬉しいです。

Q.大事な試合でいつも通りの実力を発揮できるコツはありますか?(男性30代)
A.コツとかはないですが、特別に何かを変えてやったりはせず、自分はいつも通りに過ごしたり、準備したりしてます。

Q.試合前にはどんなことを考えていますか?(男性40代)
A.プレー面の良いイメージを持って試合に入るようにしてます。

手塚 大選手PROFILE
1988年山形県出身。私立日本大学山形高等学校、中央学院大学卒。
FC東京、東レアローズを経て、今シーズン(2023-24シーズン)ジェイテクトSTINGSに加入。ポジションはアウトサイドヒッター、オポジットで、背番号は3。
2012年から2014年まで、バレーボール日本男子代表として活躍。2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN Vリーグ栄誉賞受賞。

秦 耕介選手への質問

Q.移籍決断は秦さんの中で大きな決断だったと思います。悩みましたか?移籍に踏み切った理由きけたら聞きたいです。(女性20代)
A.とても悩んだのですが、充実した現役生活を送りたいと思ったからです。

Q.スティングスに合流してみて、思っていた印象と違うことはありますか?(女性50代)
A.イメージ通りでした!!

Q.サントリーとジェイテクトの環境や雰囲気など違いはどういったところがありますか?(女性20代)
A.体育館の床が全面タラフレックス!バドミントン部がいる!

Q.ジャンフロ(※ジャンピングフローターサーブのこと)のサーブカットが苦手です。コツがあれば教えてください。(女性20代)
A.自分の得意なレシーブポジションを見つけることと、手だけでいかないことです。

Q.初の白ユニ着た感想を教えてください!(女性20代)
A.汚れないかそわそわしました。

Q.今季の自分の目標は?(男性20代)
A.各タイトルを獲る!勝ちにこだわる!

Q.プレーで注目して欲しいところは?(男性30代)
A.全部!賢いプレー!

Q.ハードな試合の時には、どのようにしてモチベーションを保っていますか?(男性40代)
A.いつも通り過ごす。特別な事はしない。

Q.試合前のルーティーンは?(女性20代)
A.イメトレをしています。

Q.移籍されてから今日までに、一番親しくなったチームメイトは誰ですか?(女性30代)
A.みんなと親しくするのがモットーです!!

秦 耕介選手PROFILE
1995年神奈川県出身。駿台学園高等学校、筑波大学卒。
サントリーサンバーズを経て、今シーズン(2023-24シーズン)ジェイテクトSTINGSに加入。
ポジションはアウトサイドヒッターで、背番号は11。

aispo!SNSでの質問募集について
第7回・第8回の質問募集にご応募いただいた読者の皆様、誠にありがとうございました。なお、第8回では、ジェイテクトSTINGSの選手たちが休日の過ごし方や趣味などについて答えてくれた、「プライベート編」をお届けする予定です。ぜひSNSをフォロー&チェックしてください!
X(旧Twitter) @aichi_sports
Instagram @aichi_sports
Facebook @aichisports


シェア:
twitter
facebook

aispo!マガジン最新号

2023 / AUTUMN vol.38

PickUp記事