愛知県スポーツ局スポーツ振興課
JPEN
instagram facebook twitter youtube
menu
page top
Pick Up記事カテゴリー
2023/03/06 aispo!応援団

川村エミコの
思い立った日がマラソン記念日

お互いにパワーをもらえる感動のスポーツ、名古屋ウィメンズマラソン

 私が初めてオフィシャルチャレンジランナーとして名古屋ウィメンズマラソンを走ったのは、コロナ禍真っ只中の2020年に開催された「名古屋ウィメンズオンラインマラソン」でした。それはそれで達成感はあったのですが、2021年にオンラインではなくて現地で参加した時は、やっぱり楽しかったですね。「こんなに大勢の人とゴールが目指せるんだ!」と、純粋に感動しました。みんなが笑顔で楽しそうで、女性ばかりだからなのかいい香りも漂っていました(笑)。一緒に走ってパワーも元気ももらったし、「川村さん頑張って!」と応援をいただいて力になりましたね。もちろん、私もランナーの皆さんを応援しました。お互いにパワーをもらいながら元気になれる、マラソンって素敵だなって思いました。
 そうはいっても、42.195kmのマラソンは私にとって、凄まじい闘い。最後はメイクもドロドロになって疲れ切ってしまいましたが、ゴールで気分も一新! キラキラと輝く会場で、おもてなしタキシード隊のイケメンたちがずらりと並んで迎えてくれたのが最高でした。私の完走タイムは6時間51分02秒。最後の方でのゴールだったので、おもてなしタキシード隊のみなさんがアーチを作ってお迎えしてくれました。後ろの方でゴールするのも悪くないと思いました(笑)。

元気がもらえる音楽は練習の大切な相棒

 練習は一人で走ることが多かったのですが、「果たして日々の練習がゴールにつながっているのか」と常に不安だったので、周囲のランナーにいろいろなアドバイスをもらいました。本番の何時間前に何を食べたらいいかなど、聞けば安心材料になります。私もうどんなど、いろいろなものを食べて試しましたが、結局メロンパンが一番調子よく走れることがわかりました(笑)。みなさんもご自身にとって、何を食べると調子が出るのか、探してみてください。一人で走るのが不安な人は、ランナーのコミュニティを見つけて交流を深め、いろいろと教えてもらうことをおすすめします!
 練習の時はいつも、サンボマスターの『できっこないを やらなくちゃ』を聞きながら走っていました。特にサビの部分で元気づけられます。またSEKAI NO OWARIの『RPG』も背中を押してくれる曲です。私の場合、走って疲れてくるとどんどん視野が狭くなってきて、見える景色もモノクロになってくるのですが、『RPG』が流れた瞬間、目の前が色鮮やかになります。もうこの2曲は私の練習の相棒です。

応援や多彩な出展ブースで“元気の連鎖”が生まれる

 マラソンは沿道で大勢の方が応援してくださると嬉しいですよね。名古屋ウィメンズマラソンは、ビルの谷間を折り返すコース。日陰で、ビル風も強いから走っていてめげそうになるのですが、そこで応援してもらうとものすごく嬉しいです! あとは最後の緩やかな坂道。観ている人にとってはそうでもない坂道かもしれませんが、走っている人にとっては本当に辛い! ここで応援していただけると、気持ちが持ちこたえられます。ほかにも、みなさんにぜひ観ていただきたいのがランナーが一斉に走り出すスタート付近と、エイドステーション(食べ物や飲み物を補給する場所)。選手が何を補給して走っていくのかを観るのは楽しいですよ。
 スタートやゴール地点となるバンテリンドーム ナゴヤでは毎年「マラソンEXPO」が開催され、多彩な出展ブースが並びます。それを観て回るのもお楽しみのひとつです。私が走った2021年には、桜の花にメッセージがたくさん書かれたボードが展示されていて、とても印象的でした。今年の名古屋ウィメンズマラソンを走るランナーのみなさんも走る前や走った後に、ぜひEXPO会場を訪れてみてください。

今後はスケートにもチャレンジしたい!

 マラソンはウェアを着て家を出たら、すぐにできる手軽なスポーツ。年齢を問わず、お金もかからずに取り組むことができます。走ると頭と体がスッキリして、健康にもいいです。私はスポーツが好きなので、マラソンのほかに、ロードバイクにも乗っています。広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ「しまなみ海道」を自転車で走ったことがありますが、海風がとても気持ちよかったです。走った後は気持ちもリフレッシュできます。
 愛知はスポーツ王国で、いろいろなスポーツに触れたり、チャレンジしたりする機会がたくさんあると思います。私自身、次はスケートに挑戦してみたいと思っています!

PROFILE
川村エミコ
かわむら えみこ。1979年生まれ。神奈川県出身。2002年にホリプロのお笑い勉強生に合格。2007年「R-1ぐらんぷり2007」準決勝進出。2008年、白鳥久美子さんと共にお笑いコンビ「たんぽぽ」を結成。現在はお笑いタレントとして数多くのバラエティ番組などで活躍中。

Twitter @kawamura_emiko
Instagram @kawamura_emiko

Information
東海テレビ放送『スイッチ!』
毎週月曜〜金曜日の朝9時50分より、東海地方のお出かけ情報や暮らしに役立つ情報を生放送で紹介する番組。川村さんは木曜日のレギュラーとして出演中だ。
HP www.tokai-tv.com/switch


シェア:
twitter
facebook

aispo!マガジン最新号

2023 / AUTUMN vol.38

PickUp記事