愛知県スポーツ局スポーツ振興課
JPEN
instagram facebook twitter youtube
menu
page top
Pick Up記事カテゴリー

旅するあいスポくん
愛知のチーム・選手のおすすめスポットへ case#5

FCマルヤス岡崎 × 岡崎市

 愛知のチーム・選手がおすすめするスポットをあいスポくんと一緒に巡る!
第5回は、岡崎市がホームタウンで日本フットボールリーグ(JFL)に所属するFCマルヤス岡崎の選手や監督のおすすめスポットを紹介。
自然豊かで歴史的名所の多い岡崎市に出掛けてみよう!

マルヤス工業株式会社フットボールクラブ
FCマルヤス岡崎

岡崎から日本一を目指す
地域密着型チーム

 1968年に、岡崎市の自動車部品メーカー「マルヤス工業株式会社」がサッカー部を創部。2014年にJFLに昇格した。今年の5月6日には、第28回愛知県サッカー選手権大会で3年振り5回目の優勝を果たし、天皇杯JFA第103回全日本サッカー選手権大会に愛知県代表として出場した。
住所:岡崎市橋目町北山1

岡崎から頂点目指して羽ばたくッスポ!


渡邉柊斗選手のおすすめ

岡崎公園 名鉄名古屋本線東岡崎駅から徒歩で15分程度

日本中が注目する
徳川家康生誕の地

 岡崎城の城跡に作られた、10ヘクタールの広大な歴史公園。立派な天守閣の他、神社や茶室など、情緒あふれる様々な史跡が数多く残されている。桜や紅葉の名所としても知られ、夏祭りには全国屈指の花火大会の会場として、多くの人で賑わう。園内では、グレート家康公「葵」武将隊による演武も行われる。
住所:岡崎市康生町561-1
電話番号:0564-24-2204
営業時間:9:00~17:00(大河ドラマ館)
休日:なし

花井聖選手のおすすめ

岡崎市龍北総合運動場 (マルヤス岡崎龍北スタジアム) 東名高速道路・岡崎ICから車で15分程度

2020年にリニューアル!
屋外スポーツの総合施設

 FCマルヤス岡崎のホームゲームが開催されるスタジアムで、通称「マルヤス岡崎龍北スタジアム」。2018年に県から岡崎市に移管して、2020年にリニューアルオープン。広大な敷地内には、全天候型舗装の陸上トラックにもなるスタジアムの他、野球場、サッカー・ラグビー場、テニスコートなどがあり、アメリカンフットボールの試合などにも使われている。
住所:岡崎市真伝町亀山12-2
電話番号:0564-46-3261
営業時間:9:00~21:00
休日:水曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始

井幡博康監督のおすすめ

華むすび 愛知環状鉄道大門駅から車で5分程度

ほっとする味わいの
手作りおにぎりとお惣菜

 温かみのある手作りおにぎりの専門店。お米は、三重県産のミルキークイーンを使用しており、握りたてのおにぎりが、常時20種類以上店頭に並んでいる。具材は全て手作りで、ブランド卵を使用しただし巻き玉子や揚げたての唐揚げなどのお惣菜も豊富だ。FCマルヤス岡崎のホームゲーム時は、マルヤス岡崎龍北スタジアムにて出店販売することも。
住所:岡崎市上里2-15-1
電話番号:0564-26-2720
営業時間:10:00~17:00
休日:日曜ほか不定休

角井栄太郎選手のおすすめ

大樹寺 名鉄名古屋本線東岡崎駅下車、名鉄バス大樹寺下車、徒歩で7分程度

家康が再起を誓った
徳川将軍家ゆかりの寺

 徳川将軍家、松平家の菩提寺で、松平8代の墓や、徳川歴代将軍の等身大の位牌が安置されている。桶狭間の戦いで織田軍に追われた徳川家康が、天下泰平の世を築くために再起を誓ったとされる歴史的な寺院だ。大樹寺から岡崎城を望む眺望は「ビスタライン」と呼ばれ、その景観が損なわれないよう守られている。FCマルヤス岡崎も、シーズン開幕前に必勝祈願を行った。
住所:岡崎市鴨田町字広元5-1
電話番号:0564-21-3917
営業時間:9:00~16:00
休日:なし

細見孟史選手のおすすめ

スーパー銭湯 ふろ屋 名鉄名古屋本線男川駅から車で10分程度

広々とした湯船とサウナで
トレーニングの疲れを癒やす

 露天風呂、電気風呂、ジェットバスなど、様々な湯を楽しめる温浴施設で、FCマルヤス岡崎の選手たちの身体のケアには欠かせない。マッサージやアカスリなどの評判も良く、漫画コーナーも充実している。食事処ではカレーもつ鍋や手羽元なども味わえる。
住所:岡崎市洞町字西五位原6-1
電話番号:0564-28-3557
営業時間:8:00~24:00
休日:なし

あいスポくんのおすすめ

カクキュー(八丁味噌の郷) 名鉄名古屋本線岡崎公園前駅より徒歩で5分程度

八丁味噌と醸造文化を
じっくり学べる工場見学

 江戸時代初期から八丁味噌を作り続けるカクキューの味噌蔵で、味噌作りの歴史を学べる史料館を備える。添加物や加熱殺菌を行わない伝統製法で作られる八丁味噌の味噌蔵を見学できるツアーを毎日開催していて、味噌汁の試飲もできる。売店や食事処も併設していて味噌ソフトクリームなども味わえる。
住所:岡崎市八丁町69
電話番号:0564-21-1355
営業時間:9:00~17:00(工場見学は10:00~16:00)
休日:無休(お盆、年末年始はHP参照)


シェア:
twitter
facebook

aispo!マガジン最新号

2023 / AUTUMN vol.38

PickUp記事