愛知県振興部スポーツ振興課
JPEN
instagram facebook twitter youtube
menu
page top

シーホース三河のホームゲームは魅力がいっぱい!
あいスポくんがナビゲートします!

 こんにちは、バスケも大好きあいスポくんッス。12月4日(日)にウィングアリーナ刈谷へお出かけして、シーホース三河のホームゲームを観戦してきたよ! 今回はその模様をみんなにお届けするッス!
 スポーツ観戦は試合を観るだけじゃなく、会場全体を巡るともっと楽しめるッス。会場でしか手に入らないグッズがあったり、おいしいグルメがあったりして、いろんなブースを回るだけでもワクワクしてきちゃうよ!

 僕が最初に訪れたのは、シーホース三河のオフィシャルグッズショップ。応援に使うツインメガホンや選手の背番号が入ったTシャツのほか、ファッションアイテムもたくさん置かれていたッス。どのグッズも身に着けたくなるものばかりで、全部欲しくなっちゃったよ。

 シーホースくんとタツヲさんのぬいぐるみを発見。お座りポーズがキュート!

 次にやってきたのはキッチンカー・飲食販売ブース。唐揚げや焼きそばなどの定番メニューのほか、ハンバーガーやケバブサンドなどもあって、どれもおいしそう~。さらに、この日はシーホースブースターの熱い青援※ をさらに熱くするため、「辛フェス」をテーマに、カレーや麻婆豆腐などの旨辛いグルメがたくさん販売されていたッス!

※シーホース三河のオリジナルワードで、声援をチームカラーになぞらえて“青援”と呼ぶ。

 シーホース三河の選手たちがプロデュースしたグルメが味わえるのも、ホームゲームならではの魅力ッス。韓国リーグに挑戦していたことがある中村太地選手がプロデュースしたのは「韓国風お弁当」。さっぱり&ヘルシーでおいしそう!

 ご飯やお買い物を楽しむだけじゃなくて、ちゃんとお仕事もしてきたッス! あいちスポーツコミッションのブースで、愛知のスポーツの魅力を発信しているフリーマガジン『aispo!』や、シーホース三河とのコラボ缶バッジのPRをしたよ! 一緒に記念撮影や話しかけてくれたお客さんもたくさんいて、すごく嬉しかったッスポ!

 『aispo!』は電子版も公開しているから、ぜひ読んでみて欲しいッス。

12月12日発行 『aispo! vol.35』はこちら

 いよいよ試合開始が近づいてきたッス。アリーナの中では試合に向けていろんなオープニングイベントが行われていたよ。シーホース三河のチア「Super Girls」によるキレキレのダンスでボルテージアップ!

 シーホース三河のブースターたちも手を叩いたり、メガホンを鳴らしたりすることでたくさんの「青援」を送って大盛り上がり!

 オープニングだけじゃなく、ハーフタイムもお客さんを楽しませるためのイベントが盛りだくさん。タツヲさんが毎回趣向を凝らしたネタで会場を盛り上げる「タツヲンtheステージ」では、お客さんと一緒にコート内を自転車で回るミニゲームが行われたッス。

 続いてはシーホースくんのライブペイント企画。シーホースくんが、選手の絵を即興で書いていくんだけど、即興なのにとっても上手ですごいッス!タツヲさんと僕も一緒に参加して、シーホースくんを応援させてもらったッス!

 以前、シーホース三河のPR隊長・高柳明音さんが「ホームゲームはまるでテーマパークのよう」と言っていたけど、実際に試合観戦に行ってみて、僕にもその意味がわかったッス! 1日中会場で楽しめて、本当に観に来てよかったッスポ!

シーホース三河PR隊長高柳明音の
ホームゲームは、テーマパークだよ

 これからも色々な試合会場やイベントにお出かけして、愛知のスポーツを盛り上げていくッス! またみんなと試合会場で会えるのも楽しみにしてるッスポ!
 
 
あいスポくんによる会場のナビゲートの様子を動画でもチェック!

aispo!マガジン最新号

2022 / WINTER vol.35

PickUp記事