愛知県スポーツ局スポーツ振興課
JPEN
instagram facebook twitter youtube
menu
page top
Pick Up記事カテゴリー

勝利に向け、日々邁進中!
愛知のチームの練習風景を徹底レポート!
第6回 三菱電機コアラーズ〔バスケットボール〕

 昨年10月に開幕した女子バスケットボールのトップリーグ「第24回Wリーグ」もいよいよ大詰め。今シーズン、並みいる強豪チームを相手に好成績を収めている三菱電機コアラーズは、4月に行われるプレーオフへの進出をすでに決めている。
 チームの躍進を支えているのは、他チームとは一線を画す細かな基礎練習と、ベテラン選手の活躍、そして三間瑠依選手をはじめとする若手選手達の奮闘だ。

他チームとは一線を画す、細かな基礎練習

 チームが圧倒的に力を入れているのが基礎練習だ。コアラーズでは、チーム全体の力を底上げするために、シーズンを通して細かい基礎練習を積み重ねている。ボールの向きだけでなく、足や指先の向きといった身体の細かな動きにまで目を配り、一つ一つ指導する徹底ぶりは他チームには見られないコアラーズの特色だろう。

 個人練習になりがちな基礎練習においても、自分以外の周囲の動きを想定した練習を心がけており、常に選手間の声の掛け合いが行われている。試合では各選手のプレーにワンテンポでもズレが生じると、それが得点の行方を左右し、積み重なれば勝敗を分けることもある。そのため、普段の練習では声の掛け合いができていない場面が見られるとコーチから喝が入るほどだ。しかし、そうした意識が「0.1秒まで絶対に諦めない、ボールがコートを出るまで諦めない」という勝利への執念にも繋がっており、今シーズンに1~3点差で勝利を収めた試合が5試合以上という、目に見える成果として表れている。
 練習が終われば、キャプテンの渡邉亜弥選手をムードメーカーとして、大きな笑いが起こるオンオフの切り替えがはっきりとしたチームで、そんなところにチームの団結力の強さもうかがわせる。

期待のホープ 三間瑠依選手

 今シーズンのアシストランキングや得点ランキングで上位に入る渡邉亜弥選手や、東京2020オリンピックで3x3の日本代表としても活躍したチーム在籍8年目の西岡里紗選手といったベテラン選手の活躍に加え、若手選手達がどんどんと試合に出場するようになってきたことも、チームが躍進する一因となっている。
 特にチームが期待を寄せるのが、今シーズンからコアラーズに移籍した三間瑠依選手だ。三間選手は185cmという長身を活かしてゴール下で得点を狙う若きビッグマンで、味方に合わせたプレーにも定評がある。
 そんな三間選手が取り組んでいるのが食事を通じた身体作りだ。昨年12月からは個人的に栄養士を付けるなど、本格的だ。食事を楽しみながら必要な栄養素を取り入れることで、身体作りだけでなく、疲労度やメンタル面でも効果が出ており、日々のトレーニングにも活力が湧いてくるという。
 そんな三間選手の様子を見た周りの選手達の中でも食事への意識が高まっており、チームに新しい風を吹き込んでいる。

狙うは悲願のリーグ制覇

 今シーズンは、レギュラーシーズンの上位8チームが進出できるプレーオフに、トヨタ自動車アンテロープスに続いて早々に進出を決めた。2018-19シーズン(第20回Wリーグ)の2位が最高成績であるコアラーズにとって、リーグ制覇は悲願といえよう。
 これからも「自分達のバスケットをどれだけできるか」を大切にしながら、貪欲に勝利を追求していく。

三菱電機コアラーズの試合情報
Wリーグ・レギュラーシーズンの予定(愛知県内)

3/11(土)~ 3/12(日) VSデンソーアイリスウィングアリーナ刈谷(刈谷市)

Wリーグ・プレーオフの予定
4月1日(土) セミクォーターファイナル
4月2日(日) クォーターファイナル
4月8日(土)~10日(月) セミファイナル ※2戦先勝
4月15日(土)~17日(月) ファイナル ※2戦先勝

三菱電機コアラーズのチーム情報はこちらから
aichi-sports.jp/team/750/
チケットの購入はこちらから
https://www.wjbl.org/ticket/


シェア:
twitter
facebook

aispo!マガジン最新号

2023 / AUTUMN vol.38

PickUp記事