愛知県スポーツ局スポーツ振興課
JPEN
instagram facebook twitter youtube
menu
page top
Pick Up記事カテゴリー

あなたがハマった“沼”を教えてください!
ファイティングイーグルス名古屋 宮崎恭行選手(バスケットボール)

 試合や大会で見せる目覚ましいプレーで、多くの人々を魅了するアスリートたち。そんな彼らを魅了してやまない趣味や休日の過ごし方について教えてもらうコーナー。
 今回はBリーグのファイティングイーグルス名古屋でキャプテンを務める宮崎恭行選手がハマっているという「ガーデニング」の魅力について語る。

幼少期から自然に触れ、自然を愛するようになる

 僕は山や海、川、キャンプなど、自然と触れ合う機会が多い家庭で育ちました。そういうこともあって自然や緑は元々好きだったのですが、結婚後に建てた自宅の庭に、木を植えたり、芝を張ったりと様々な手入れをしているうちに、もっと好きになっていきました。
 自宅の庭には、妻や子どもたちと一緒に植えた花類や、5種類ほどの観葉植物などがありますが、個人的には樹木が一番好きです。家を建てた当時に人気だったオリーブやアオダモ、シマトネリコをシンボルツリーとして植えていて、大きなものでは3m近くにもなります。これらの木の見た目や全体の形を整えるのがめちゃくちゃ楽しいんです! ガーデニングがもたらしてくれるものは様々ありますが、僕にとっては心の安らぎをもたらしてくれる存在です。手入れに没頭していると、心が落ち着いてくるのを感じます。
 最近は挿し木にも興味が出てきて、調べているとシマトネリコが2月の終わりから3月ぐらいまで挿し木に良い時期だと知ったので、チャレンジしてみようと思っています。

ガーデニングがもたらす世界の広がり

 すぐに結果が出ないところがガーデニングの楽しいポイントです。手入れを始めて数か月、1年と時間はかかりますが、地道にやってきた作業がどこかで花開いたとき、すごく感動します。今では、外出先でも綺麗な庭や木を見かけると思わず目を奪われてしまったり、気になった木があると調べたりするようになりました(笑)
 愛知県内で僕がよく参考にしているスポットは、名古屋市の東山動植物園や知多半島にある「観光農園 花ひろば」などです。ほかにも、最近ではショッピングセンターでも綺麗に整備された植物が見られるので、参考になります。
 ガーデニングは枠に捉われない自由さがあるので、一度やってみると何か自分自身にとっての気付きがあるかもしれません。少しでもガーデニングに興味がある方は、花から始めてみるのが良いと思います。庭でなくともプランターのような小さな範囲でもいいので、「どの組み合わせにしたら、綺麗な見た目になるのかな」などと自分のイメージを膨らませていき、実際にやってみて楽しくなってきたら、どんどん活動範囲を広げていけば良いんです。

アメリカへの憧れから、好きになった芝刈り

 木の手入れと同じくらいハマっているのが芝の手入れです。自宅の庭の芝は、コウライシバという種類の芝草で、冬には茶色く枯れたような色になります。
 そんな芝の手入れを助けてくれるのが、芝刈り機。ガーデニンググッズの中で僕が一番好きなグッズです。元々、アメリカへの憧れがあり、アメリカでは庭の芝がすごく綺麗に整えられていて、週末になるとお父さんが芝刈り機で芝刈りをしているというイメージがありました。さすがに僕の家の庭はアメリカほど大きくはありませんが、楽しんで作業をしています。
 芝刈りをするにも、意外と技術が必要で、芯の部分まで深く刈ってしまうと枯れてしまうし、長めに刈るのも結構難しいんです。それでも、芝が上手く刈れて、その青々とした姿を見ると大きな達成感に包まれます。去年より今年、今年よりも来年と、もっと青々しい芝にしていきたいと思っています。将来的にはゴルフ場のグリーンみたいにできたら良いですね(笑)

バスケットボールファンに向けて

 今シーズンから、ファイティングイーグルス名古屋はBリーグのトップカテゴリ「B1」のステージに昇格しました。現在は西地区で5位(3月25日現在)と、チャンピオンシップへの出場圏外に位置していますが、レギュラーシーズンは5月上旬まで続いていきますので、出場圏内に入れる可能性は十分にあります。
 愛知県は本当にバスケットが盛んな地域です。B1に上がって、名古屋ダイヤモンドドルフィンズさんとの「名古屋ダービー」や、シーホース三河さん・三遠ネオフェニックスさんとの「愛知ダービー」という組み合わせでの対戦も組まれるようになりましたので、これからますます盛り上がりを見せていけると思っています。
 そうした中で、ファイティングイーグルス名古屋のホームゲームが行われる名古屋市枇杷島スポーツセンターにもぜひ足を運んで、たくさんの方に我々のバスケットを観ていただければと思っています。

PROFILE
宮崎恭行 Yasuyuki Miyazaki。
1986年生まれ。三重県出身。ポジションはポイントガード(PG)。
アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城から、2006年に豊田通商(現ファイティングイーグルス名古屋)に移籍。JBL2で3度のMVPを獲得。
2015年、前十字靭帯・膝蓋腱断裂と診断されるも、2018年に試合復帰を果たし、2018-19シーズンでB2トップ成績を達成。2019-20シーズンからキャプテンを務める。

ファイティングイーグルス名古屋のチーム情報はこちら。
ファイティングイーグルス名古屋の試合日程はこちら。


シェア:
twitter
facebook

aispo!マガジン最新号

2023 / AUTUMN vol.38

PickUp記事