愛知県振興部スポーツ振興課
JPEN
facebook twitter youtube
menu
page top

BLOG

女性スポーツライター・光田さやかの
“はじめてさんのスポーツ観戦NAVI!” vol.9

首位の座は譲らない!
DUARIG Fリーグ 2018/2019 現地レポート

こんにちは!愛知県を中心にライターとして活動している、光田さやかです。
今年一年、県内で行われる主要スポーツ大会の観戦ポイントに加え、「観戦ファッション」や「会場グルメ」などにも視野を広げて、女性ならではの目線で楽しむ、スポーツ大会観戦法をレポートしていきます!どうぞよろしくお願いいたします!

スポーツの秋ですね!
ライター光田も、10月・11月は話題のTリーグからフィギュアスケート、ラリーなど、5つの競技を観戦しちゃいます!
“はじめてさん”でも楽しめる目線で試合をレポートしていきますよー!

今回の配信は…
前回も予告した、Fリーグ(フットサル)の試合です!
フォトセッション用のボードの前で記念に撮ってみましたー^^
フットサル、最近では女性でもハマっている方、多いですよね!
専用のシューズは必要ですが(量販店でお手頃に手に入ります)、あとはTシャツと短パンでOK!コートも小さく、室内でやるので全天候型。
確かに、女性にもハードルが低そう…^^

私が観戦したのは、10月20日(土)、名古屋市港区にある「武田テバオーシャンアリーナ」で行われた、名古屋オーシャンズvsヴォスクオーレ仙台戦。
プロのフットサルってどんな感じなのか、ワクワクしながら会場に向かいました!

こちらの会場、あおなみ線の「金城ふ頭駅」から徒歩すぐという好アクセス。
駅にはあちこちに、名古屋オーシャンズを応援するポスターが掲示してありました!
気持ちを高めてから行くためにも、「あおなみ線」で行くのがオススメです^^

会場には、キッチンカーや企業の物販ブースがあり、とってもにぎやかでしたよ!
「●●選手のイチオシ!」なんていうポップもありました!
好きな選手の“推し商品”。確かに知りたいかも(笑)。
他の会場でもこういうのあったらいいなー!
昔懐かしの、テーブルサッカーに熱中する少年たち。

グッズ販売のブースでは、ユニフォームやタオル、選手の背番号が入ったキーホルダーなど品数も豊富。
一番人気の商品は?と聞くと…
ブランケット(ひざ掛け)なのだそうです!
「これからの季節、コレはぜひあったほうがいいですよ!」とスタッフさん。
室内とはいえ観戦中は足元が冷えますからね…。
特に女性は、役立つこと間違いなしです^^
公式のロゴマークも入っていて、色は赤・緑の2色展開でした!
カップルや夫婦で、お揃いにするのもいいかも^^

試合開始までグッズやグルメを見て回るのは、やっぱりどのスポーツでも楽しいですね!

そして私はちょっとだけ、選手たちがアップしているサブアリーナへ特別に入らせていただきました!
体を慣らしたり、会話をしながらポジション間での動きを確認したりと、思い思いに体を動かしている様子が見てとれました。
名古屋オーシャンズは、現在Fリーグディビジョン1で開幕から負けなしの1位!!
このまま首位をキープしたいところ。直前練習にも熱が入ります!

っと、ここで、素朴なギモン。

「フットサルとサッカーって、どう違うの…?」
「フットサルは室内、サッカーは屋外。それから、人数も違うよね…?あとは?」
「フットサルって人気あるけど…今さら誰にも聞けないよううう~~」

そんなふうに思った“はじめてさん”も多いのではないでしょうか?

ご安心ください。
このブログはそういう方のためにあるんです!

ここで簡単に、本っっ当に簡単にですが、“はじめてさん向け”に、
フットサルとサッカーの違いを教えちゃいます!

その1)プレーヤーの数と選手交代
フットサルはゴールキーパー(フットサルでは「ゴレイロ」と言います)を含めて5人。サッカーは11人です。
そして、フットサルでは審判の承認がなくてもプレー中にどんどん選手交代ができるんです。一度ピッチの外に出た選手を戻すことも可能。回数制限は無いので、試合の展開によって、目まぐるしく選手が入れ替わります。
その2)ボールの大きさ
ぱっと見て気づく人もいるかと思いますが、フットサルのボールは、サッカーの4号球に相当する、ひとまわり小さいものです。室内で行う競技のため、やや弾みにくい素材で作られています。
その3)ゲームの再開方法
サッカーでいうところのスローインはフットサルにはなく、キックインで試合を再開します。また、サッカーにはない「4秒ルール」というものがあり、キックインやコーナーキックなどを4秒以内に行わなければいけません。
その4)試合時間
サッカーは45分ハーフですが、フットサルは20分。
試合中にボールがコートから出たり反則したりで中断するときも、時間がそのまま進んでしまうサッカーとは違い、フットサルではその都度タイマーが止まります。
そしてこれもサッカーにはない特徴ですが、両チーム前後半各1回1分間ずつ、タイムアウトを取ることができます。
…などなど!!
ここに記載したのは、ほんの一部です^^;
こうして書き出してみるとサッカーとの共通点のほうが少ないくらい。
気になった方は、どんな違いがあるか他にも探してみてくださいね!

知らなかったスポーツを“気にする”ようになること、興味を持つこと。
それって、とっても素敵なことだと思います!

さてさて、ここからは試合の流れをざっくりと振り返りながら、
私が撮った選手たちの姿をご紹介しますね!

まずは、ファンクラブの中から抽選で選ばれた子どもたちによる
「フェアプレーフラッグ隊」とともに、選手入場!
前半からボールを支配したのはオーシャンズ。
軽快なフットワークでゴールへ向かいますが、なかなか点が入らない…!
もどかしい展開が続きます。
ちなみに、フットサルは選手と観客との距離がとっても近い!
迫力満点のプレーが間近で見られます!
ヴォスクオーレ仙台も、少ないチャンスながら、果敢にゴールを狙います。
「決められてしまうんじゃないか!?」と、何度かヒヤッとする場面も…!

そしてついに不安は的中。前半終了間際、先制点を決められてしまいます!
ハーフタイムでは、後半での巻き返しを期待して、チアオーシャンズとダンススクール「SPG」の子供達が会場を盛り上げます!
そして後半開始。
オーシャンズ、ここからが強かった…!
前半にも増して力強くゴールに迫る各選手!
コートラインギリギリまでボールを追いかけ、気迫あふれるプレーで一気に流れを引き戻しました!
応援にもますます力が入ります!

そしてついに後半7分、橋本優也選手が待望の同点ゴ~ル!
勢いを得たオーシャンズは、12分に星翔太選手、15分にルイジーニョ選手が次々とゴールし、試合を決めました!
この展開はシビれたーーーー!

結果は、3-1で名古屋オーシャンズの勝利!

ゴールを決めた日本代表のピヴォ(フォワード)星翔太選手がMVPに選ばれました!
試合後は、選手が観客の皆さんを握手でお見送り。
選手になでてもらって嬉しそうに笑う子どもたちや、「見ていて元気をもらえました!」と選手に声をかける女性。

フットサルは、ピッチと観客席が近いだけじゃなく、
選手と観客の心の距離も近いんだなと実感しました。

そして試合展開が早く、軽快な足技を間近で見ることができるので、
同時に迫力も感じられるスポーツでした!

これからも、スポーツの知られざる魅力を、どんどん発掘・発信していきますね^^
今後の“はじめてさんのスポーツ観戦NAVI!”は…

11月15日(木)のTリーグ(卓球)
TOP名古屋 VS 日本ペイントマレッツ 戦
@武田テバオーシャンアリーナ
https://tleague.jp/

11月17日(土)のVリーグ(バレーボール)
トヨタ車体クインシーズ VS 日立リヴァーレ 戦
ジェイテクトSTINGS VS 豊田合成トレフェルサ 戦
@ウィングアリーナ刈谷
https://www.vleague.jp/

などを予定しています。

みなさん、会場でお会いしましょう!

(ライター 光田さやか)