愛知県スポーツ局スポーツ課
JPEN
instagram facebook twitter youtube
menu
page top

BLOG

女性スポーツライター・光田さやかの
“はじめてさんのスポーツ観戦NAVI!” vol.21

白熱の開幕戦!
「2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 MEN」現地レポート

すっかり秋らしくなってきましたねー!日中も少し肌寒い日が増えました…。
こんな時は、室内スポーツ観戦はいかがですか^^?

例えば……
迫力満点の男子バレーとか!
熱気あふれる応援で、寒さなんて感じないはず!

そんなわけで、ハロウィンを間近に控えた10月26日(土)。武田テバオーシャンアリーナで行われたVリーグの男子の開幕戦に行ってきました!

第一試合は、ウルフドッグス名古屋vsサントリーサンバーズ。そして第二試合はジェイテクトSTINGS vs FC東京です。
開幕直前の10月15日(火)まで、バレーのワールドカップが行われていたこともあって、ラグビーに負けじとバレーの注目度も高まっている昨今。世界を相手に戦ってきた彼らの姿を間近で見られるなんてうれしいなー!

そう思っていたのはやはり私だけではないようで、会場入口のエントランスはご覧のように…
たくさんの人でにぎわっていました!
こちらはなんとウルフドッグス名古屋の勝利を祈る「ウルド神社」!#11傳田亮太選手が出迎えてくれました^^
グッズはチームカラーのウルフドッグスレッドが鮮やかでいいですね。押すと選手の声が聞こえる、なんていうキーホルダーもありました!元気がほしい時に聞きたいかも^^
ジェイテクトSTINGSの試合は15:30からなのにも関わらず、こちらのグッズも早く買い求めたいというお客さんが長蛇の列を作っていました!
コート内では一足お先に、アーティスト「シクラメン」による2019-20 V.LEAGUE オフィシャルソング『V-栄光の歌-』のパフォーマンスがありました!試合開始まで会場を盛り上げます^^

ちなみに、Vリーグ公式アプリをダウンロードしておくと、抽選会などの企画に参加できるそうですよ!

そうそう、いつものブログだと、このあたりでルール説明なんかをしているのですが、
バレーの試合は去年に続き2回目。
今回はルール説明を省きまして、選手の活躍をたーーーっぷりと見ていただきましょう^^
【前回のブログ】
http://aichi-sports.jp/blog/20190121.php

まずは第一試合開始!
果敢に攻めるウルフドッグス名古屋!
今季加入の新外国人#16ミッジャ・ガスパリーニ選手と
#12高松卓矢選手を中心にボールが回ります。
ちなみに、お気づきの方もいるかもしれませんが、この「ウルフドッグス名古屋」、昨シーズンまでは「豊田合成トレフェルサ」だったんです!
「ウルフ(狼)」の持つワイルドさと、「ドッグ(犬)」の持つ知性を「合成」して、この名前になったのだとか。尾張「名古屋」の地で、地域の人々に愛されるチームを目指すそうです。
今シーズンから心機一転頑張ってほしいところ!
サーブもしっかり決まるのですが…サントリーのブロックに阻まれ、ちょっと苦しい展開に…!
リベロの#10古賀幸一郎選手もボールをとにかく拾う!
執着するようなプレーは見ていて興奮しました!
第1、2セットは落としてしまいましたが、第3セットはバシバシ得点が決まり、この喜びの表情!一時は7-3とリードします!
しかしその後は相手チームに連続得点を許し、デュースにもつれ込むも惜しくも敗れてしまいました…!
選手のみなさん、お疲れ様でした!悔しい敗戦となってしまいましたが、チーム名も一新したウルフドッグス名古屋、これからも注目していきましょう!

さてさて、すぐに第二試合の始まりです!
ジェイテクトSTINGSには、ワールドカップに日本代表として出場した#14西田有志選手が!どんなプレーが見られるのかなー^^
試合開始前に、ボールと戯れる西田選手を激写(笑)。こういうふとした瞬間の表情を見られるのが嬉しいですよね!多くの女性ファンが熱い視線を送り、シャッターを切っていました!
そして試合はというと、第1セットからジェイテクトSTINGSの猛攻が炸裂!
次々得点が決まり、会場は大盛り上がり!
抱き合って喜ぶ選手の表情もいいですね!屈託のない笑顔が、よりワクワクさせてくれます^^

第1セットは西田選手が9本のアタックを全て決めるという快挙!
アタックからの得点率100%なんて…驚異的ですよ…。
ワールドカップでも大活躍しましたもんね。チーム最年少ながら日本国民をアツイ気持ちにしてくれました。
そんな西田選手もプレーが切れるとこの表情。こんなギャップがあるから、試合中でも一瞬も見逃せないー!
ちなみに、「STINGS」とは、「蜂が針で鋭く刺す様子」という意味なのだとか。
まさにそんな感じ!ジェイテクトSTINGSはスパイスの効いた攻撃が魅力ですね!

第2セットはFC東京に追い付かれる場面もありましたが…。
そんなときは頼れるこの人!
#19 浅野博亮選手がサービスエースを決めて勢いを取り戻す!
浅野選手は小柄ながら、もの凄い能力の持ち主。柔らかなフォームから伸びのあるサーブを打ったかと思えば、どんな球も積極的に拾うガッツもあり。さらに力強いアタックと跳躍力でチームに貢献します!2m近い選手と同じくらいの高さまで跳んでしまうんだからすごい!

ご本人もことあるごとに発信していますが、バレー選手は小柄でも活躍できるんです^^
このさわやかな笑顔がチームをまとめてくれます。私が思うに、チーム全体を一番よく見ているんじゃないかな?試合中の声掛けとかも積極的にしている気がする。
そういうわけで、バレー観戦の時は、小柄な選手にもぜひ注目してみてください!
こうして第2セットも奪ったジェイテクトSTINGS。第3セットに入るとメンバーを少しずつ入れ替えながら得点を重ね、勝利!文字通り「全員で勝ち取った」試合になりました^^
ストレート勝ちで圧勝!気持ちいー!
いかがでしたか?今回は試合の様子や選手のふとした瞬間、チーム名の由来や、私なりの分析を交えてお送りしました^^
11月もまだまだ各地でいろんなスポーツが行われる予定!

最後は、ジェイテクトSTING#6マテイ・カジースキ選手のプライベート感満載なショットでお別れでーす^^
カメラ目線ありがとうございましたー!


ライター:光田さやか