愛知県スポーツ局スポーツ課
JPEN
instagram facebook twitter youtube
menu
page top

BLOG

女性スポーツライター・光田さやかの
“はじめてさんのスポーツ観戦NAVI!” vol.20

一生に一度の感動を!
「ラグビーワールドカップ2019 日本vsサモア戦」現地レポート

まずはこの言葉から言わせてください。


ありがとう、ブレイブ・ブロッサムズ!!
そして史上初のベスト8おめでとうございます!!

日本中が感動に包まれましたよね。
私も、10月20日(日)の南アフリカ戦はスカイホール豊田のパブリックビューイングで観戦しちゃいました!

今回は、その少し前になるのですが、
10月5日(土)ここ豊田スタジアムにて行われた「ラグビーワールドカップ2019 日本vsサモア戦」の一戦を振り返りたいと思います!

あのときの勝利の余韻を、少しでも思い出してもらえたら嬉しいです^^
10月5日(土)、豊田市上空はこんなに素晴らしい快晴でした!

ラグビーのワールドカップが開催されるのは4年に一度。
日本で開催され、それに立ち会えるのは一生に一度のことかもしれません。
記念すべき瞬間が訪れようとしている!そう思うと、なんだかもうそわそわしている私。
メディア受付は15時からと聞いていたのに、10時半にはもう着いちゃってるという…。
なので今回のブログでは、試合の内容や結果もそうですが、それよりも。
今日この日、全国、世界から観戦に訪れたラグビーファンの皆さんの様子や楽しみ方をお伝えしていけたらと思います!
豊田スタジアムでは大きなパネルが出迎えていて、サイクリングやランニング中の人が記念撮影をしていました。
矢作川を渡った先にある「スカイホール豊田」では12時からパブリックビューイングやイベントが行われるようなので、先にそちらに行ってみることに!
わー、もう行列が!パブリックビューイングをいい席で見ようと、多くの人が並んでいました!
12時になり、開場した後はホールの中も各ブースも徐々ににぎわいはじめ、ラグビーのゲームをしたり愛知のおいしいフードに舌鼓を打ったり!
聞けば、横浜や大阪、東京など、県外の人も本当に多くて。「夜行バスや新幹線、飛行機など、愛知はアクセスもいいので来やすい^^観光もして帰ります!」と話す方も!
はい、それはもうぜひぜひ!全国の人が、ここ愛知に来てくれているんだと思うととてもうれしくなりました。
外国のメディアもこの熱狂ぶりに注目!
それにしてもファンの皆さんは、本当に装いが豊かだなあ(笑)。
このあとの写真にもたくさん出てきますが、日の丸カラーの赤と白をベースに、それぞれ個性を出して楽しんでいました!
こういうのも、ワールドカップならでは^^私ならどんな装いで行こう?と考えたりしました(笑)。思いっきり目立つ格好にしたいな!

また、ボランティアスタッフさんたちが、楽しみながらお客さんと交流している姿も印象的でした^^
会場のファンとハイタッチ!
この様子があちこちで見られるんです。とっても、心が温かくなりました。
あっ、最後の手は私です^^
会場にいた人に話を聞いてみると、やはり地元・愛知県名古屋市出身の姫野和樹選手の活躍を期待する声がとても多かったです!
主将のリーチ・マイケル選手や、堀江翔太選手など個別の名前もたくさんあがりましたが、
「チームが一丸となって頑張ってほしい!」「日本が勝つ瞬間をここにいるみんなと共有したい!」という声も。まだ試合が始まるまで6時間以上ありますが、みなさん待ちきれないといった様子で盛り上がっていました!
これからどんどん熱度が上がっていって、パブリックビューイングも盛り上がるんだろうな^^
ちなみに、「このままここで6時間も待つんですか?」と聞くと、「豊田市駅のほうも盛り上がっているみたいなので、この後少し行ってみます!」という答えが。
そうなのですね!それは私も行かねば^^

と、いうわけで。
じゃんっ!
豊田市駅に到着^^スカイホール豊田からは徒歩で15分くらいだったかな。
マルシェやスイーツ列車、グルメの屋台もあってこちらもすごい盛り上がり!スポーツバーにもお客さんがたくさんいました!
その場にいたファン同士が、国籍や性別関係なく応援している様子は、とても感動的で清々しかったな!まさしく、街を上げての応援ですね!
さてさて、夕方になってきました。スタジアムに戻って様子を観に行こう^^
橋から見える豊田スタジアム、キレイだったな。この景色好きなんです。
余談ですが、いろいろなスポーツの現場で写真を撮っていると、フレームインしてくださるファンの方がたくさんいらっしゃいます(笑)。
こういうの、大歓迎!!バシバシ写っちゃってください^^
そしていろいろお話ししましょう~!
ちなみにこの方は、9月に行われたラグビーワールドカップの試合を初めて豊田スタジアムで観て、大興奮。「二度と会うことはないだろう…あばよ、豊スタ」と言ってカッコよく帰ったそうなのですが……。
その後偶然にも今日の日本戦のチケットが取れて、再度豊田スタジアムの地を踏むことに!
橋の上から「またお前に会えるとはな、豊スタ」とつぶやいたそうです。
とまあ、こんな感じで、ファン一人一人にスポーツ観戦のきっかけや思いがあって。
これからもこのブログではそういったことを配信していきたいなと思うわけです^^
それでもっと多くの人に、愛知で行われるスポーツに興味を持ってもらえたらいいな!

午前中にはほとんどファンの姿はなかった豊田スタジアムですが、試合開始3時間前にもなるとこのにぎわい!
日本の応援に来たというオーストラリアの方や、対戦国サモアの方々も。
日本のファンと交流して、仲を深めていました!
ちびっこラガーマンも元気いっぱい!兵庫県でラグビーチームに所属している子たちなのだそうで、ワールドカップを観られるこの機会をとても心待ちにしていたのだそう。
このフォトスポットも人気でした!階段を上がった少し高台にあるのですが、豊田スタジアムを背景に写真を撮ることができるんです。
人の写り込みを気にしなくていいし、オススメ^^
こちらはチケットをかたどった特大パネル!日本とサモアのユニフォームが描かれていて記念になりますね^^豊スタが真正面に写ります!

そしてふと気が付けば…橋には群衆が!
テレビ局の取材陣もたくさん見かけました!なんだか緊張してきたぞ!
地元・豊田市の和太鼓チームによるおもてなしや、矢作川沿いのイベントを見ながら、ゆったりと試合開始を待つ人も。
この、待ち時間も好きに楽しむ!
仲間と写真を撮っても、限定グッズを買い求めても、ビールを片手に喧騒を眺めても。
マナーを守って、自由に楽しみたいですね^^
いよいよ、夜の帳が落ちて。会場にはどんどん観客が詰め寄せます!
こちらの方々、右側の男性2人と左側の3人は今会ったばかり!
それでもカメラを向ければ、こんなにすぐに笑顔で写ってくれる^^
「イエーイ!楽しもう~!」「日本勝つぞ~!」
ほら、もう仲良し(笑)!
こちらは、記者席で実況をするお二人。メディアも運営も、世界各国から集まっていて、本当に全世界で注目されている試合なんだと改めて実感。
私は今、とても貴重な時間を過ごしているんだ…!

そしてついに、試合開始!
選手入場のシーン。こちら、国内外のメディアで「ハートになっている」と話題にもなりましたよね!思いやりとスポーツマン精神あふれる、温かな入場として、絶賛されていました^^
国歌斉唱に続き、サモアによるウォークライ「シバタウ」が始まりました。掛け声は肉声でもスタジアム中に響き渡るほど!迫力満点の演舞でした…!
これには、日本のファンも熱い声援で出迎えます!
日本のキックオフから、火蓋が切って落とされました!


試合開始直後から、サモアの反則により日本はペナルティキックを獲得。

愛知県岡崎市出身の田村優選手がしっかり決めてくれて、2連続得点^^!
その後もガツガツとボールを奪いに行く日本、そのまま支配し続けます。
スクラムでも競り勝つ!
日本強いです。しかしパワーの強いサモア、油断はできません。

一時、同点に追い付かれるものの、すぐさま引き離し、ラファエレ ティモシー選手がトライ!
歓喜に湧くスタジアム!
松島幸太朗選手、田村選手らがしっかり見せ場を作って、その後も得点を重ねる日本。
16-9でリードし前半終了!


いやーもう、前半だけで白熱しすぎでしょ!
今頃、スカイホール豊田のパブリックビューイングや豊田市駅前のスポーツバーにいるみんなはどんな感じかな?
離れた場所にいても、心は一つ!
後半戦も頑張れ日本~!
サモアも負けてはいられない!気迫あふれるプレーが続出します。
サモアはこの試合で勝たないと予選敗退が決まってしまいますから…
日本も、後半であと3トライを決めてボーナスポイントを獲得したいところ…!
この日一番、スタジアムが揺れるほどの歓声があがったのは…
ラインアウトからモール、そして姫野選手のトライという流れ!とても興奮しました!
その後も福岡堅樹選手、松島選手がトライ!

あとは勝利に向かって、着実なプレーをしていくのみ!
そして、試合終了間際・・・
会場の大声援を背に、日本はスクラムの流れから最後は松島選手がトライ!!
この試合、日本は4トライを決め、ボーナスポイントを獲得しました!

田村選手のコンバージョンもバチッと決まり、
結果、38-19で日本がサモアを下し、見事勝利!!!
試合終了時のスタジアムです!場内はお祭り騒ぎ!
もうこの写真だけで、あの時の歓声がよみがえってきます…!
試合終了後、両チームの選手はユニフォームを交換し、堅い握手と抱擁を交わしました。
これぞ「ノーサイドの精神」。全力を出し尽くした両者は、ともに健闘をたたえ合うんです。
手を振る選手たち。その姿に、感動で涙ぐむファンも大勢いました。
とても、心に響く時間が流れていました。
私も、ここに集う世界の人たちと同じ感動を共有できてうれしい!!

やっぱりスポーツ観戦は、現場で味わうに限る!
スタジアムの外も、興奮冷めやらぬファンのみなさんで盛り上がっていました!
最高の笑顔!スポーツに国境はありませんね。


選手のみなさん、一生に一度の感動をありがとうございました!
皆さんにとってはどんな大会になりましたか?
今一度、振り返ってみるのもいいですね^^

日本ラグビー界のビクトリーロードはまだまだ続きます!

今後の活躍も応援していきましょう!


ライター:光田さやか